スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一度、人生の主役になる。『サニー 永遠の仲間たち』 

先日観た、映画の感想です。

『サニー 永遠の仲間たち』は、昨年韓国で大ヒットした作品。

主人公は42歳の専業主婦、イム・ナミ。
母が入院している病院に見舞いに行くと、がんで入院中の高校時代の親友、ハ・チュナに、25年ぶりに再会します。

余命2ヶ月を宣告されているチュナは、高校時代の仲良し7人組「サニー」のメンバーに会いたいと言う。

方言のきつい田舎から、ソウルに引っ越して、転校した女子校でナミを、快く受け入れてくれたのが、喧嘩上等の、ちょっとヤンチャなグループ「サニー」。

もとの学校では成績トップの優等生だったナミですが、侠気があってカッコいいチュナをはじめとする6人と仲良しになり、サニーのメンバーに。

友情を大切にするグループの中で、高校時代を思い切り楽しんだナミですが、友情ゆえに起きてしまったある事件をきっかけに、メンバーはバラバラになってしまったのでした。

メンバーを見つけて、最後に会わせてくれというチュナの願いを聞き、ナミは、かつての友人探しをはじめます。

サニーの7人グループには、高校生バージョンと、42歳のオバサンバージョンがあるのですが、それぞれのキャラクターが、25年の歳月を超えて、しっかりつながっています。

42歳のナミの感情が高ぶりを感じるとき、同じ感情を感じた高校生のときの記憶がよみがえり、意識はその時代にタイムスリップして行きます。

時代は過去へ、現在へ、女子高生へ、オバサンへ。
自由に行き来しながら、7人の物語を描きだします。

サニーたちのさまざまなエピソードを見るうちに、この7人が本当にいとおしくなってくる。
映画は、そういう構成になっています。

青春は甘酸っぱく、切なく、そのうえ、乱雑。
でも、その乱雑さを残したまま、みんな大人になってしまうのですね。

死にゆくチュナは、サニーのメンバー一人ひとりに、これから再び自分の人生の主役になるためのメッセージを贈ります。

そのメッセージに、とても気持ちよい涙が流れます。

女子高生たちのはじけっぷりに、思い切り笑えて、そして、最後は泣ける、とても素敵な映画でした。

私は、この映画のストーリーを事前に知らずに見に行ってしまったのですが、HPには、女子高生とオバサンがセットになったツーショット写真が出ています。

これを見ると、「あ、この子があのオバサンに」と、よくわかります。

これからご覧になる方は、ぜひ、HPで、女子高生時代のメンバーのキャラ設定を予習してからお出かけください。
おもしろさ2割増くらいになって、予習の効果が出ますよ。

『サニー 永遠の仲間たち』HP

シネマート六本木で、来週日曜までやっているそうです。

予告も、ぜひご覧ください。

スポンサーサイト

朝から映画を。 

来年、2月から、日本全国の映画館で開催される

午前十時の映画祭
何度見てもすごい50本
http://asa10.eiga.com/

お客の入りの少ない午前中を使うというのは、なかなかよい企画です。
上映作品50本、ほとんど見ていると思いますが、
あまりテレビでもオンエアしない映画も結構あります。
午前中時間があるときは、もう一度、映画館で見てみたいですね。

私が狙っているのは、「ある日どこかで」「薔薇の名前」「アパートの鍵貸します」「フォローミー」「バベットの晩餐会」あたりでしょうか。

メルマガ「1日10分 1年で創る自分史」36号、
25日(金)発行します。
こちらも、よろしく、お願いします。
http://archive.mag2.com/0000289134/index.html

家族の絆を守るために、両親を訴える。「私の中のあなた」 

白血病の姉ケイトに、血液や骨髄を提供するために、人工授精で生み出された妹アナが、両親を告訴するというのが発端。
その裁判を通して、姉妹と兄、父母の五人家族の、それぞれの思いが見えてきます。
いま、腎臓移植をしなければ、まったく生きる望みのない姉。
妹が臓器提供を拒否することは、そのまま姉の死を意味しています。

難病を抱えた娘の命を救うためなら、「どんなことでもする」決意で、十数年間、家族の中心になってきたのが、キャメロン・ディアスが演じる母です。
とてつもなく強い意志と決断力を持つ母なのですが、アナにも、兄のジェシーにも夫にも、これまで多くの犠牲を強いてきました。
彼女は、実は子離れできない母でもあります。
母が子離れできない理由は、「子離れすなわち、娘の死」にほかならないからなのですが、その決意が、当の娘を苦しめていることには思い至ることができません。
法廷に持ち込まれた妹の訴えは、母を子離れさせ、自分の死ののちも、家族の絆をしっかり繋ぐために、ケイト自身が考えた筋書きでした。
アナに臓器移植を拒否させることこそ、家族に守られ生きてきたケイトが、家族を守るためにした最後の選択だったのです。

もし、自分の家族がこういう困難に直面したら……。

家族のあり方について、考えさせられる映画でした。

「私の中のあなた」オフィシャルサイト
http://watashino.gaga.ne.jp/

マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」見てきました。 

封切り当日、観てきました。

マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」

ロンドン公演のリハーサル風景ですが、歌もダンスも完璧で、とてもリハーサルのレベルではありません。
この1週間後に亡くなったことが、いまでも信じられません。

これからご覧になる方もいらっしゃると思うので、多くを語るつもりはありません。
どんなにすごいアーティストだったのかは、ぜひご覧になって確認してください。

私が感動したのは、「最高のステージを創るのだ」というマイケルの志の高さです。
キング・オブ・ポップのマイケルですから、公演のリハーサルでは、キング・オブ・リハであり、ステージ進行、キュー出し、曲アレンジすべて自分の中でできあがっていて、的確な指示出しします。
でも、スタッフに、バックダンサーに、コーラスに、指示出しするときの態度が、高圧的なところがまったくなく、実にフレンドリーで、素敵でした。
自分の思いを伝え、相手の意見も聴き、でも自分で判断する。
自分よりはるかに年若いダンサーたちを、最高のステージを創るためのパートナーと遇している姿勢に心打たれました。

亡くなったことは残念ですが、最後の映像を残してくれたことには本当に感謝です。


この感動の中で、お伝えするのも恐縮ですが、
私のメルマガも、来る30日(金)、28号を発行します。
ご登録がまだな方は、ぜひ、こちらからご登録ください。

http://archive.mag2.com/0000289134/index.html

映画のハシゴ。 

連休最後の日の昨日、銀座で映画を2本観てきました。

1本目は、「リミッツ・オブ・コントロール」
ジム・ジャームッシュ監督の最新作なんですが、正直ちょっと疲れました。
ストーリーの基本となるジャストアイデアを本人、すごく気に入ったのだと思うのですが、それを観客の皆さんも気に入るようにするには、もう少し練り上げないと無理でしょう。
鉄骨だけのビルディングを、「ハイ、建てました」と言い張る建築家のようです。
せめて、壁くらい付けてくれと言いたいです。

2本目は、「グッド・バッド・ウィアード」
こっちは、文句なくおもしろかったです。
チョン・ウソン、イ・ビョンホン、ソン・ガンホ、トリプル主演の韓国映画です。
男の子は、こういう映画好きだろうなあ。
ツッコミどころは満載ですが、いちいちツッコんでいる余裕をまったく与えてくれません。
最後は、ま、いいかと思わせる押しの強さ。
アクションの意表のつき方が半端ありません。

連休も終わりまして、
本日から平常操業です。
メルマガ「1日10分 1年で創る自分史」23号、
明日午前中、発行します。
まだ、登録されていない方は、ぜひ、ご登録くださいね。

↓こちらから。
http://archive.mag2.com/0000289134/index.html


「ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式」という映画を観ました。 

フランク・オズ監督の、ロンドンを舞台にした映画です。
父親が亡くなって、家族、親戚、知人が集まった自宅でのお葬式。
次々起こる事件に、振り回される人たちを、気の弱い長男中心に描いたコメディです。
とんでもないドタバタで、ネタはかなりブラックで、下ネタも満載なのですが、なぜか、見終わった後がとてもさわやか。
やっぱり、「家族っていいね」と思う、ほんわかした気持ちが残ります。

監督のフランク・オズは、セサミストリートで人形を遣っていたり、スターウォーズでヨーダを遣いながら声優もやっているという、いわゆる鬼才ですね。
すごくいい映画なのですが、残念なことに、シネマート六本木で、本日11日までの上映なので、もう無理ですね。
DVDが出たら、ぜひ、レンタルでご覧ください。

あ、それと、メルマガ「1日10分1年で創る自分史」21号
本日、発行します。

まだ、ご登録お済みでない方は、ぜひ、
↓こちらからご登録ください。
http://archive.mag2.com/0000289134/index.html

500円で!「ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式」 

明日から、シネマート六本木ではじまる

ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式

フランク・オズ監督
この監督は、セサミストリートでずっとマペットの操演をしていた人なんです。
最近では、「イン&アウト」とか、「ステップフォード・ワイフ」とか、
シニカルでドタバタだけれど、最後は胸がキュンとする映画を監督しています。

私も、ぜひ観に行きたいと思っていましたが、
なんと、耳寄りニュースを、オフィシャルサイトで発見。
http://www.ososhiki.jp/campaign/

このページの500円鑑賞券をプリントアウトして持って行くと、
先着1000名様が500円で観られるそうです。
う~ん。1300円の節約。
ランチができます。
かなり、うれしいですね。

なつかしい映画の話「淀川長治 映画の祭典」 

淀川長治さんといえば、「日曜洋画劇場」
独特の口調の「サヨナラ サヨナラ」が、子供の頃見た映画の記憶と結びついている方も多いのではないでしょうか?

その淀川長治さんの在りし日の映像と、彼がことに愛した映画24作品が見られる
「淀川長治 映画の祭典」が8月に、ゲートシティ大崎というところで開催されます。

「淀川長治名画劇場」は、抽選で上映24作品に各150組300名様をご招待とのこと。
なつかしい映画や、映画史上に残る名画が揃っています。

http://www.gatecity.jp/event/2009_07/movie_top.html

明日が応募締切とのこと。
私も応募してみましたが、映画好きの方はぜひ、応募してみてはいかがでしょうか?

映画「幸せはシャンソニア劇場から」 

9月封切りの映画ですが、試写会で観てきました。

1936年パリ。
世界恐慌からの貧困と失業に人々は苦しみ、共産主義とナチイズムが混沌とせめぎ合う時代。
庶民が気軽にショーを楽しむミュージックホールで35年間働いてきたピゴワルは、不況のあおりで劇場が閉館し、失業してしまいます。
失業したピゴワルは、離婚した妻に、最愛の息子ジョジョの親権を奪われてします。
ジョジョを取り戻すために、閉館したミュージックホールを労働者だけで再開させるために奮闘します。
オーディションで、人の心をわしづかみにする歌を歌う美しい娘ドゥースと出会い、劇場は順調に船出したかに見えましたが……。

タイトル通り、観た人を幸せにする映画です。
ビゴワルとジョジョの親子愛に胸が熱くなります。

ジョジョを演じるのが、マクサンス・ペランという少年なのですが、プロデューサーのジャック・ペランの実の息子なのですね。

ジャック・ペランといえば、十代の頃からイタリア映画、フランス映画で美少年、美青年で活躍した俳優です。
(実は、私、かつて、その美青年にファンレターを送ったことがあります。中学生の時です)

若い頃の映画は、いろいろ観ていたのですが、その後ばったり姿を見ないと思っていたら、「ニュー・シネマ・パラダイス」に、映画監督になったトト少年の大人時代を演じていて、びっくりしました。
残念なことに、大人になってからの映画は、あんまり日本で公開されていません。

次に会ったのは、世界中のトリを追っかけたドキュメント「WATARIDORI」の監督としてでした。
そのときは、もうすっかりおじいさんになっていて、結局、大人時代の姿って、ほとんど観ていないんですね。

で、ジョジョを演じたマクサンス・ペラン少年が、かわいくて、品があって、笑った顔がなんとも華やかで、親子なんだから当たり前ですけど、ジャック・ペランにすごく似ています。
むかしからのファンとしては、そんなことも、すごく幸せになった原因でした。

「幸せはシャンソニア劇場から」オフィシャルサイト
http://www.chansonia.jp/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。