スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフレーミングの教科書 『こころのチキンスープ 愛の奇跡の物語』ジャック・キャンフィールド/マーク・V・ハンセン <自伝・自分史・その周辺87> 

「リフレーミング」という言葉があります。
心理学カウンセリング用語で、「枠組みを付けなおす」という意味です。

人間は、ある事柄について、すべての人が同じものの見方をするわけではありません。
同じ出来事を体験しても、焦点を当てる場所が人によってまったく異なることもあります。

カメラマンや画家は、木やプラステックでできた20センチ四方くらいの四角いフレームを持っています。
風景や対象にその枠を当てて、これから撮る写真の画角を決めたり、風景の構成を決めたりします。
カウンセリングにおける「リフレーミング」は、まさにそれです。

「あなたが一生懸命見ているその部分ではなくて、こっちにフレームを当ててみるとすごくいい感じの風景になるでしょ」

上手くフレームが当てられると、これまで信じ込んできた意味付けががらっと変わり、大発見の気づきになることがあります。

この本に収められた短い(実話といわれる)ストーリーのほとんどは、リフレーミングの手法で書かれています。
「そうか、そう考えればいいのか!」
気づきの多い本になっています。

『理想の兄』というストーリーがあります。

兄からクリスマスプレゼントに新車をもらったポールは、街で一人の少年に話しかけられます。
「この車、おじさんのかい?」
ポールの、兄に買ってもらったという答えに、少年は「うわあっ、すごいなあ! ぼく…」
「ぼく……」のその先は、「ぼくにも、こんな兄さんがいたらなあ」という言葉を予想したポールは、自分の耳を疑います。
「ぼくね、おじさんの兄さんみたいになりたいなって思ったんだ」

不思議なことを言う少年に興味を持ったポールは、少年を家まで送ります。
車を降りると、
「あそこに階段がついている家が見えるだろう? そこでちょっと待っててくれる?」
近所の人にこんな大きな車で帰ってきたところを自慢したいのだろうと思っていたポールの予想は、またもや裏切られます。

 しばらくすると、少年が身体の不自由な弟を背負って出てきたのだ。
 弟を階段の一番下に座らせ、車がよく見えるように弟の身体をささえた。

 「ほらバディー、見てごらん。さっき言ったとおり、すごい車だろ。
 そこにいるおじさんの兄さんがクリスマスプレゼントにくれたんだって。
 それも、まるっきりタダでくれたんだって。お前も待ってなよ。
 兄ちゃんが、いつかきっとあんな車をお前に買ってやるからね。
 そしたら、いつも話してるクリスマスのきれいな飾りを、その車に乗って見に行こうね」


新車をタダでもらったポールより、弟に新車を買える兄の方が、断然幸福だと、リフレーミングが教えてくれます。

もう一つ、立ち読みでもいいので、これだけは読んでほしいのが、170頁です。
「できない」君、さようなら
読まれた方は、ぜひ、感想を教えてください。

家族と、友人と上司や同僚と話すときに、まるまる使えるリフレーミングの教科書です。



自分史の本棚
http://booklog.jp/users/jibunworks
スポンサーサイト

「行動」から「思考」を引き出す。 

文章を上手に書けるようになるには、頭を使わなければならない。
「精緻で明晰な文章力は、頭の中にある」と、書くことに慣れない人は思いがちです。
それは、頭でっかちな思い込みです。
その思い込みが、書くために行動する「行動力」を妨げています。

最短、省エネで文章上手になるためには、まず、「行動」することが重要なのだと知ってください。

再三、例に出しますが、自転車の乗り方。

自転車に乗れない人に、慣性力学のこととか、運動エネルギーのレクチャーをしてもなんの意味もありません。
ただただ、自転車に乗れる感覚を身体に覚え込ませればいいのですよね。
だったら、まず行動しましょう。

「行動」から「思考」へのフローは、こんな感じです。

「手がよく動く」 →  「スピーディーに書ける」 → 「書く量が圧倒的に増える」 → 「場数・経験が豊富になる」 → 「過去書いた経験を、いま書くことに活かせる」 → 「考えたことを迷わず書ける」 → 「思ったような表現に近づく」 → 「上手に書けるようになる」

どうです?
「風が吹けば桶屋がもうかる」より、ずっとスムーズなフローになっているでしょう。

この行動を繰り返し練習することで、ライティング回路がしっかり繋がっていくはずです。
ライティング回路が繋がりさえすれば、「思考しながら行動する」、つまり、「考えながら書く」という逆のサイクルも自然にできてきます。

書くために、「頭」と「手」を連動させる。 

書くことに慣れている人と慣れていない人の決定的な違いは、スピードにあります。
慣れている人は立ち上がりが一瞬です。

これから書くテーマを決め、構成を考え、どう書きだすかまで考えてしまうことができます。
文章の中心になる決めのフレーズまでも考えて、「あとは書き出すだけ」というところまで準備万端整えることができます。
そこまで、頭の中で完了することができるのが、書くことに慣れている人が持つ技術です。
いざ、書きはじめたら、早い早い。
文章はもう、頭の中に完成していますから、出てくる文章をどんどん原稿用紙に書き写していく。あるいはパソコンに打ち込んでいくだけです。

そんなことを可能にするのは、これまで書いてきた文章量です。

こう書き出したら、次の展開はこうなる。
構成は、こう展開すればわかりやすい。
このへんで、文章全体の肝になるフレーズを入れてみる。

書くことで積み上げてきた実戦経験、場数の多さがしっかり身に付いています。
実際にこれまで書きあげた手持ちの文章が多いと、スピーディーに文章を書くことができるのです。

量を書くことに慣れていない人が、同じ手法で書けるかというと、なかなかそういうわけにはいきません。

頭の中で、ああでもない、こうでもないと、どれだけ考えても、文章をまとめることができません。
実際に書きあげた実戦経験が圧倒的に不足しているからです。

文章を書くには、書くことを考える「頭」と、書くことを定着させる「手」を連動させる他ありません。

時代に刻みつけたトラウマ。阪神淡路大震災。 

関西に住んだことはありませんが、阪神大震災を、私は死ぬまで忘れることはありません。
1995年の1月17日。
私はその日、名古屋に出張で、早朝東京を発ちました。
9時前に名古屋駅に着きますが、なんかざわついた異様な雰囲気が立ち込めていました。
その時代、駅には現在の電光掲示板のようなメッセージボードはなく、大きな模造紙にマジックの手書きで書かれたポスターが貼られていました。

 大阪・神戸方面に大地震
 名古屋以西の新幹線は運転を見合わせております。
 死者行方不明者は1500人におよびます。

「1500人って、なに!?」

その文字を見たとき、下半身から力が抜けていきました。
とにかく、関西で大地震があったことだけはわかりましたが、情報がまったく手に入らない状態でした。
携帯電話を持っている人はほとんどいない時代です。
打合せ先でも、ただただ憶測の会話が交わされるだけで不安が募りました。

最初に見た「死者行方不明者1500人」の数字が十分衝撃だったのに、そのあと、交番やホテルで掲示板を目にするたびに、「死者行方不明者1800人」、「死者行方不明者2000人」、「死者行方不明者2500人」と、どんどん増えていきました。
あの怖さはいまだに忘れられません。
日本で、普通に生活している人たちが、一気に何千人も死んでしまう。
実際に神戸であの地震を体験した人の恐怖はいかばかりかと思います。

あの大震災のあと、しばらくは意識的にカラ元気を振り絞って生きていたような気がします。
そして、その2ヶ月後に、地下鉄サリン事件。
私がよく仕事で乗り降りする駅で起きた事件でした。
会社の同僚には、朝、その駅を通って出社してきた者もいました。

阪神淡路大震災
地下鉄サリン事件
世紀末

この三つが揃って、「もう地球は終わるんだなあ」と、私も漠然と思っていました。
時代がトラウマを背負い込んでしまったのだと思います。

あれから16年……。
あの時代のうすら寒さ、吐き気をもよおす喪失感。なにかしていないと泣きたくなる焦燥感。
そのころと比べれば、2011年は、全然、乗り切れる。
私も、まだまだ大丈夫です。

スターバックスで生まれかわった男『ラテに感謝!』 マイケル・ゲイツ・ギル <自伝・自分史・その周辺87> 

「転落エリートの私を救った世界最高の仕事」という副題がついています。
米国の最大手広告代理店ジェイ・W・トンプソン社(JWT)の副社長にまで昇りつめたものの、リストラ。
独立して立ち上げた会社は上手くいかず、ホームレスの寸前まで行ってしまったマイケル。
なけなしの小銭で、最後においしいコーヒーを飲もうと入った店で、彼の運命が変わります。

店長クリスタルが、声をかけてくれました。
「わたしの部下として働くことができますか?」

スターバックス ブロードウエー店。
そこでは、スタッフを「パートナー」と呼び、尊重し合う。
上司だからといって、部下を下に見ることはない。
JWTとはまったく異なる企業風土がそこにはありました。
スターバックスでは、失敗しても、失敗したことを責めることはありません。
しかし、なにか新しいことを成し遂げたときには、店長もパートナーたちも惜しみない拍手を贈ります。

 JWTで働いていた頃、部下を褒めるようなメモは書かないように、と注意された。
 そうした前向きな書状を残すと、その社員を解雇したいときに裁判を起される可能性があるからだという。

部下を褒めず、親密な関係を持たず、ビジネスのみの関係に徹することを、上司の資質として求める企業があります。
スターバックスは、それとはまったく異なる企業理念を持っています。
パートナーたちが互いに尊敬し合う環境の中で、マイケルは正直に思いを伝えることができるようになりました。

 いまスターバックスでは、どんなに嬉しかったか、どんなにパートナーに感謝しているかを好きなだけ示すことができる。
 わたしは親切にしてくれたり、助けになってくれたりしたパートナーに感謝の気持ちを伝えるカードも書きはじめた。


仕事の中心に感謝の気持を据えたマイケルは、自分だけでなく店全体にも変化を起していきます。
スターバックスでは何週間かに一度、覆面調査員が客を装って訪れ、店を評価します。
ちょうど、マイケルが働いていたときに来た調査員は、彼の働きぶりを見て
ブロードウエー店を「伝説のサービス」を提供している店として、五つ星を与えてくれました。

とても象徴的な出来事があります。
ニューヨーク地域のスターバックスのパートナーが集まるイベント「オープンフォーラム」というのが毎年開催されます。
そこで、店長のクリスタルがスターバックスへの貢献により、四半期賞を受賞しました。
会場の全員が大喜びし、クリスタルのために拍手喝采しました。

 これは広告業界とはまったく違う経験だった。
 当時、わたしが受賞をしたときは、たとえ拍手をしてもらっても、会場のライバルたちからの怒りを感じたものだ。
 ここでは、みんながクリスタルのことを喜んでいるようだった。
 彼女ががんばってきたことを知っているのだろう。
 彼女のことが好きなのだ。
 そして、自分たちも、いつかこうして認められる機会があることも知っている。
 広告業界では、ピラミッドの頂点にいるわずかな人の功績だけしか認められない。 
 スターバックスは、従業員ひとりひとりに敬意を払い、多くのひとを褒め称える。
 こうした特別なフォーラムだけではなく、毎日、それぞれの店舗で。


いま日本でも、企業の人間力の脆弱化は、目に余るものがあります。
企業も、社会も、人を大切にするとはどういうことなのか、もう一度考えてみるときなのでしょう。




自分史の本棚
http://booklog.jp/users/jibunworks

ライティング回路を繋いでみる。 

「自転車に乗れるようになる」
「泳げるようになる」
「楽器が弾けるようになる」

こういうことは、一度できるようになると二度と忘れることがない。
「一発学習」と言うのだそうです。

「一発」ではない学習を考えてみてください。
学校で学んだ英単語も、仕事で知り合った人の名前も、むかし見た映画のタイトルも、人は本当によく忘れます。

「一発学習」には、それら通常の学習とは異なる、「二度と忘れることがない」というメカニズムがあるのですね。
それは、神経回路が繋がることで可能になります。

この映像を見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=-52nmsVxIm8
脳の中で、神経回路が繋がる瞬間の映像です。
二つのニューロン(神経細胞)が長い突起を伸ばして、互いを求め合うように動き回ります。そこに、神経伝達物質であるドーパミンが放出され、それがニューロンとニューロンをくっつける役割をし、神経細胞同士がつながって、その瞬間、電気信号が流れます。

スポーツや音楽など、実技科目を考えると、神経回路が繋がるイメージがわかりますよね。
いままで繋がっていなかった神経回路が繋がると、その瞬間から、できなかったことができるようになります。
「そうか、自転車って、こうやって前に進むのか」
「なんだ、こう水を掻けば早く泳げるんだ」
そういうことが、一瞬でわかるようになるのが、神経回路が繋がった瞬間です。

一発学習で学んだことを二度と忘れなくなる理由は、わかった瞬間、心技体が一致するからでしょう。

「身体はこうやってバランスを取ればいいのだ」と、身体の使い方がわかる。
「こうすれば上手くできる」と、技をつかむ。
そして、それらができた瞬間、脳から放出された快感物質ドーパミンにより、「できた!」という喜びを味わいます。

それら心技体の一致によって、「一発学習」の二度と忘れることがないメカニズムができあがります。

「文章を書くこと」も、練習しなければ上手くなりません。でも、練習すればしただけ、成果が上がります。
書くことも、やはり実技科目です。練習すればするほど、上手くなります。
コツをつかみさえすれば、ライティング回路が繋がります。

1日50枚の原稿を書く作家も、ライターも、意図的に神経回路を繋ぐよう、人知れず練習しているに違いありません。
できれば、私たちも、できるだけスピーディーに、神経回路を繋げられるようになりたいのです。

自転車に乗るように、文章を書く。 

超人気作家さんには、原稿用紙にして50枚くらいの原稿を一日で書いてしまう人がいます。
毎日続けられるわけではないでしょうが、そんなペースで書いていたら、一週間で一冊の本が書き上がってしまいます。
そんな能力があるなら、私もぜひほしいと思います。

私たち凡人には原稿用紙50枚はとても無理ですが、それに近づく努力は無駄ではないと思います。
それが、ライティング回路を繋ぐことです。

自転車に乗ることは、乗れる人にはどうってこともないけれど、乗れない人にとっては、どうやって乗ればいいのか、見当もつかないかもしれません。
三輪車だったら、座席に座ってただペダルを漕ぐだけです。
でも、二輪は座ってペダルに足をかけようとした途端、右か左に傾きはじめます。
それを修正しようとすると、今度はハンドルが動いて、前輪があらぬ方へ曲がってしまいます。
それを直そうとして、バランスを崩し、地面に投げ出されてしまいます。

「ペダルをしっかり踏めば、倒れないんだよ」
いくら言葉で言われても、できない人にはできません。

自転車は、身体で覚えるしかない最たるものですよね。
どれだけ力学やバランスの理論を聞かせられても練習しない限り、乗れるようにはなりません。
でも、一度身体で覚えて乗れるようになったら、見える世界が一瞬で変わります。
今度は「なぜ、自分が前は乗れなかったのか」、その理由がまったくわからなくなっているはずです。

自転車に乗るように、文章が書けるようになればいいな。
それが、私の提案です。
1日10分のライティングの練習で、見える世界が変わります。



アクティブ自分史の三つの目的。 

新年なので、これまでやってきたことを再確認します。


「アクティブ自分史」は、大きく分けて三つの目的を持っています。

●一つ目の目的は、文章を大量、かつスピーディーに書けるようになること。

「文章力」というと、生まれながらに備わった天性の才能だと考えている人がいます。
「自分には、才能がないから、上手い文章を書くことはできない」
いえいえ。そんなことはありません。
下手でもいいから、まず量を書いてみる。
量がスムーズに書けるようになれば、いつの間にか、「文章力」が付いてきます。

「文章力より文章量」

それが、「アクティブ自分史」の基本です。


●二つ目の目的は、自分史のような文章を書くことで、自分自身を理解できるようになること。

「自分のことは、わかっている」
自分ではそう思っていますね。
でも、そう思っている人でも、自分の意見を言っているようで、よくよく考えてみると、上司の受け売りだったりすることがあります。
それとは逆に、個性的な意見を言おうとするあまり、本当に自分が欲していることがわからなくなってしまうこともあります。
書くことで、「自分はなにものなのか」、「自分はなにを考えているのか」をしっかり確認することで、揺るぎない自分像を確立することができます。

● 三つ目の目的は、文章力を自己表現の技にすること。

三つ目は、一つ目と二つ目の目的の合わせ技です。
文章の質はとりあえず横に置いておいて、とりあえず文章量がこなせるようになれば、それを使って自己表現できるようになり、コミュニケーションの手段にすることができるようになります。
自分を理解することができた次の段階は、他人に知ってもらうために、文章力を使うことが可能になります。

セミナーズからのお年玉。 

私がいつも、セミナーを開催するときにお世話になっている「セミナーズ」というサイトがあります。

右上の無料レポート
最強の自己イメージを創る文章術「強み体験エッセイ」=アクティブ自分史のすすめ

も、セミナーズから出してもらっています。

そこから、素敵なお年玉が届きました。

ジェイ・エイブラハムって、ご存知ですか?
「マーケの神様」と言われて、世界中の有力企業を成功に導いたアグレッシブなマーケ理論を打ち立てたマーケッターなんです。
『ハイパワー・マーケティング』という本は私の愛読書です。とても勉強になりました。

彼のセミナーは、通常70万円するそうなので、とてもとても行けませんが、そのエッセンスを、今回セミナーズが無料で提供してくれます。

「ジェイ・エイブラハムのマーケティングを学ぶ
速習! 無料体験講座」


もちろん、講師はジェイ本人ではありませんよ。
でも、ジェイ本人に学んで、そのセミナープログラムを知り尽くした人が講師を務めます。
しかも、参加者には、ジェイのコピーライティングについて解説したCDがお土産に付いてくるそうです。

さらに、加えて、実際にジェイ本人が話してくれるDVDも、もらえるそうです。

太っ腹ですね。

これは、ぜひ、行ってみたいですね。

くわしい内容、日程は、こちらでご確認ください。
「ジェイ・エイブラハムのマーケティングを学ぶ
速習! 無料体験講座」

http://www.seminars.jp/user/seminar_d.php?sCD=38864&iv=aflimi4811

地方開催もあるそうです。
地方の方も、チェックしてくださいね。

こちらの本も、チェックしてみてください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。