スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悦夫さんは、いまもいる。『ミボージン日記』竹信三恵子 <自伝・自分史・その周辺91> 

朝日新聞編集委員の竹信三恵子さんの活躍には目覚ましいものがあります。
若い頃からずっと携わってきた女性問題の他に、労働問題担当として鋭いメッセージを送り続けています。
一連の報道の業績で、2009年に反貧困ジャーナリズム大賞を受賞しました。

『ミボージン日記』は、彼女のよき伴侶であり、精神的な支えでもあった竹信悦夫さんとの関係。そして、突然死。
その後の三恵子さんの喪失感からの再生について書かれています。

学生時代に出会い、同じ新聞社で同じ職業に就き、30年以上ともに歩んできた二人は、楽しく生きることを最大限に大切にしてきました。
それだけに、悦夫さんの不在がもたらす苦しみは並大抵ではありませんでした。
クタクタになるまで取材し、記事を書く。それで、脳裏から悦夫さんへの思いを追いやろうとしました。
なにも考えずに、ゾンビのように体だけ動かす。

そんな三恵子さんを再生させたのも、悦夫さんとともに培ってきたジャーナリストとしての情熱でした。

考えてみれば、変な言葉、「未亡人」。
夫の従属物として生きてきたがために、「夫が亡くなった後もいまだ生きている人」という「未亡人」のあり方そのものを考えるために、この本を書くことにしました

  女性を夫の「従」の位置に固定する「未亡人」ではなく、大切な人を忘れかね、
 どちらへ進もうかと思い迷っている「未忘人」たち、
 つまり「いまだに故人を忘れていない人」たちのために、
 私のつたないミボージン体験を、語ってみてもいいのではないか、
 と私は思い始めていた。

記者仲間でもある夫は、彼女の仕事の最大の理解者でした。
新聞社という男中心社会で、女性問題や人権問題を扱った記事は、書いても書いても差し止められます。
有形無形のプレッシャーに三恵子さんは疲れ切っていました。

  私は疲れていた。
 「こんなことばっかりやっていて、先がないかも」と、弱音を吐いたとき、夫は言った。
 「会社でうまくやるために記者になったわけじゃないだろう。
  おかしいと思ったことを書いてやろうと思って記者になったんじゃないか」。

失った後に思い出す、悦夫さんの言葉ひとつひとつに、あらためてその喪失の大きさに気づきます。

いまだ立ち直ってはいません。
迷ったときには、夫の声が聞こえます。

「誰からも好かれようと思うな」「敵をつくることを恐れるな」

悦夫さんは、いまも三恵子さんとともにいます。



自分史の本棚
http://booklog.jp/users/jibunworks
スポンサーサイト

上手な書き手は、厳しい読み手。 

「コピーライターって、文章上手ですよね」
と言われて、
「はい。すごく上手です」
そう堂々と言えるコピーライターはあまりいません。
最近は、ブログやメルマガで、とても上手な文章を書く人が増えてきています。

毎日書いているうちに、面白い文章のコツを自分でつかんでしまう人。
ブログにアップした記事を褒めてもらうことで、面白い文章を身に付けてしまう人。
文章はいまいちだけど、面白いネタを見つけるのがとても上手な人。
語彙が豊富で、表現力が豊かで、読む人を納得させてしまう人。

プロのライターでなくても、ある程度文章を書くことが好きで、毎日書き続けていれば、誰でもそこそこ上手になります。

でも、コピーライターと、それ以外の書くことを職業としていない人には大きな違いがあります。
コピーライターは、自分が書いた文章を客観的に読み返すという行動を、何回も繰り返します。
時間的にも、書くことに費やす時間より書き直すことに費やす時間の方が長いかもしれません。

書くときの役割は「書き手」です。
書き終わると今度は、役割を「読み手」に変えます。

「読み手」の役割のときは、文章の一字一句細かくチェックします。

「てにをは」は間違っていないか?
文章のリズムが単調になっていないか?
この単語を言い換えられるいい言葉はないか?
ワンセンテンスの長さは適当か?
5W1H、情報が抜けていないか?
起承転結、文章の展開はいいか?
伝えたいメッセージがちゃんと伝わるか?

前後左右、縦横斜め、文章を見直し、修正を加えます。
一回では終わりません。
書き手が書きあげると、読み手が駄目出しし、また書き手が書き直し、さらに読み手が読み直し、またまた直したいところを発見する。
しつこくこの作業を繰り返します。
読み手のチェックには情け容赦がありません。
読み手である自分を納得させるまで、書き手である自分は書き直し続けます。

「書き手」と「読み手」。
二つの役割を、公平に演じ分けられるのが、プロのライターのプロたる由縁なのだと思います。

上手な書き手でありたいと思ったら、同時に厳しい読み手でなければならないのです。

未来の自分に敬意を払う。 

書き手が自分であり、読み手も自分である、という文章を書くときには、ひとつ大きな落とし穴があります。
書き手のあなたが、読み手のあなたに甘えてしまうことです。

他の人が読むことを前提とした文章を書くときは、誰でもそれなりに構えます。
自分の真意が間違って伝わらないように、できるだけ丁寧に書こうとするでしょう。

ところが、読むのが自分だけだとわかっている文章では、その丁寧さを欠いてしまいがちです。
他人に読んでもらうなら絶対に書かなければ理解してもらえないようなことでも、「わかっているから書く必要ない」と、省いてしまうことがあります。
文章の基本5W1H(だれが、いつ、どこで、なにを、どうして、どのように)を書かずにすませてしまうこともあるかもしれません。

週末に見て、感動した映画のこと。
今日食べたイタリアンの繊細な美味しさ。
仕事で上司に褒められたときのうれしさ。

記憶に鮮明に残ったことは、書くまでもない。きっと覚えているはずだから。
そんな気持ちで、読み手のあなたに甘えてしまうのでしょうか。

書いた文章を読む返すとき、それがごく近い未来なら、その文章に書かれた内容は単なる手掛りとして、実際にあった出来事を脳の記憶の中から引き出してくることができます。

でも、時を経て、もう遠い記憶の彼方へ行ってしまった出来事は、書かれた文章から再生するしかありません。

「読むのは自分」と言っても、その自分は、いまの自分ではなく「未来の自分」です。
未来の自分は、もういまのあなた自身ではありません。
書き手のあなたが、未来の読み手のあなたに敬意を払って、書かれた文章だけで、記憶を再構築できるように書いてほしいのです。

号泣セミナー(特別版)は、「喪失と再生」がテーマです。 

竹内好美カウンセリング事務所では、毎月「号泣セミナー」というセミナーを開催しています。
普段は、ワーッと涙を流して、日頃のストレスをきれいさっぱり洗い流すことを目的としています。

4月2日に予定していた号泣セミナーですが、中止にするか実施するかずっと考えていました。

私が参加する予定だったセミナーも、3月中のものはすべて中止になりました
お知り合いの方が講師をされるものも、ほとんど中止になったようです。
東京ではまだまだ余震が続いています。
セミナーでお集まりいただいたときに大きな余震がないとは限りません。
そのとき、安全を確保できるだろうかとも悩みました。

考えた末に、やっぱりやろうと思いました。
ただし、いつもの号泣セミナーとは少し内容を変えます。

「喪失と再生」というテーマを設定しました。

参加者の皆さまとそれぞれの喪失のストーリーをシェアしたいと思います。
また、3.11のあのとき、どうしていて、その後どんなことを体験し、これまでどんな思いを抱いてきたか。
そんな話も残らず話し尽くしたいと思います。
そして、最後には私たち自身の再生に向けた確信を得られるような、そんなセッションを持ちたいと思います。

今回に限り、セミナー料金は2,000円とさせていただきます。
そして、それらは義援金として被災地へ送ります。


中止ではなく、いまの思いをそんなかたちで、結実させたいと思います。

ご賛同いただける方、ぜひ、こちらからお申込みください。

号泣セミナー予約フォーム


詳細は後ほど、こちらからお送りさせていただきます。
たくさんの方のご参加をお待ちしております。

竹内好美カウンセリング事務所
ホームページへ



18歳からの生き直し。『ぼくらはみんな生きている』坪倉優介 <自伝・自分史・その周辺90> 

副題は、「18歳ですべての記憶を失くした青年の手記」。
大阪芸大1年生のときのスクーター事故で、前頭葉を損傷。18歳以前の記憶をすべて失ってしまった坪倉優介さん。
言葉はわかっても、それが意味すること、概念はまったく理解できなくなっていました。

「食べる」という言葉は理解できても、「食べる」という行動は忘れていました。
「お腹が減る」感覚もない優介さんは、放っておかれると二三日食事をしなくても気がつかない。
食べはじめると、いつ食べ終わればいいのかわからなくて、苦しくても食べ続けてしまうのでした。

18歳にして、新たな脳の神経回路を繋ぐことが必要でした。
赤ちゃんからの学び直しです。

 かあさんが、ぼくのまえになにかをおいた。けむりがもやもやと出ているのを見て、すぐに中をのぞく。
 すると光るつぶつぶがいっぱい入っている。きれい。でもこんなきれいなものを、どうすればいいのだろう。


優介さんの目には、ご飯がこんなふうに映っていました。
お母さんにチョコレートをもらったときは、こんなふうに感じました。

 口の中にほうりこむ。すぐにペチャンコになって、口の中いっぱいに味がひろがっていく。
 かあさんが、「すごくあまいでしょ」ときいてくる。この味は、あまいというのか。
 もっとほしい。もっとたべてみたい。そう言ったけれど、かあさんに「今日はこれでおしまい」と言われてしまった。だから、しかたなくあきらめる。
 でも、あまいという味をわすれることができない。


失われた18年間を思い出そうとはしました。でも、まったく思い出せません。

事故から5年、もどかしくもあり、切なくもある優介さんの学び直しが、ほとんど完了したと思わせるエピソードが描かれています。
たまたま帰った実家の近くで、高校時代の友人にばったり出会い、「高校時代の仲間と一緒に飲むから」と、居酒屋に連れていかれます。
二人が加わって、四人で飲みますが、実は誰一人として思いだせません。

 すると、そこにいる一人が、ぼくに、「優介は何してるんや」と聞いてくる。だからぼくは「学生」と答えた。
 友だちは「あれえ、学生。まだやってるんか」と言う。他のみんなもうなずいて、「何か、長くないか」と聞く。
 そうか。この人たちは、ぼくにどんなことがあったのか知らないのだ。
 ぼくは、一瞬さみしくなったけれど、事故のことを全部話して、同情を買うのはごめんだった。
 だから、まだ学生をやっている話に自然になると、
 「いやあ、おれも勉強不足だからなあ」と笑ってごまかした。


このくだりで、私は優介さんのお母さんであるかのような感動を覚えました。
事故で脳がリセットされてしまい、赤ちゃんからはじめた優介さんが、名前を思い出せない友人たちと飲みながら、曖昧さを残したまま、大人びた会話が交わせるようになるなんて。
優介さんも、優介さんの脳細胞も、すさまじい成長をとげたのでした。



自分史の本棚
http://booklog.jp/users/jibunworks

ベスト10で、自分を再確認。 

ベスト10方式が活用できるのは、文章のネタ探しのときだけではありません。

たとえば、自分自身のことを客観的に振り返ってみたいと思ったとき、こんなふうにテーマ設定してみてください。

「人生で大切なもの ベスト10」

仕事にちょっと行き詰まって、いまなにをすべきか、わからなくなってしまっているとき、こんなテーマはどうでしょう?

「いま、手に入れたい成果 ベスト10」

仕事にも私生活にも、時間が足りなくて、右往左往していると感じるときのテーマ。

「自分を豊かにしてくれる時間 ベスト10」

いままで生きてきた人生がこれでよかったのか、確認したいときは、こんなテーマ。

「死ぬまでにやり残したくないこと ベスト10」

どうです? とても深いベスト10になりそうでしょ。

ベスト10方式のすごいところは、
「AとBどちらが上でどちらが下?」
という結論を否が応でも出さなければならないところです。

いままでは、「好きなもの群」「大切なもの群」でよかったものを、ひとつひとつ見直し、分析し、優先順位を付けなければなりません。

それには、ものや事柄に対する思いを客観的に判断する必要に迫られます。
それが、自分自身を客観視し、価値観を明確にする作業になります。

重いテーマを設定すれば、いままで気づいていなかった自分の思考や感情に気づくことがあるかもしれません。
自分自身を知ることにも繋がります。

日常的にベスト10方式を駆使して、価値観を再確認してみてください。

ベスト10方式で、ネタに迷いなし。 

「書きたいテーマ」は決まっているものの、毎日、書きたいことを見つけられない。
書くネタ探しで困っていませんか?

「書きたいことが、次から次へ出てきて、むしろ書く順番で悩む」

そういう方は、ネタ探しになんの問題もありませんね。
なにを書けばいいかで悩むことは考えられないでしょう。

もし、あなたが書くネタ探しで悩んでいたとしたら、それはなんとか解決しましょう。
書くために使う時間は、「1日10分」なのですから、その中にネタ探しで悩む時間は含まれていません。

「書きたいテーマ」は、料理で言えば、ジャンル。
日本料理、中華料理、イタリアン。エスニック料理、家庭料理、手抜き料理(?)
これから、作ろうと思う料理のジャンルは決まっています。
でも、いざ書こうと思うと、なにを書けばいいのかわからなくなってしまう。
いざ、支度をしようと思うと、「今日の晩ご飯は、なんにしようか?」と、迷ってしまうあの感じに似ています。

書きたいテーマに関する「ベスト10」を作ってみましょう。

映画について書いているなら、

「泣ける映画ベスト10」
「友だちにすすめたい映画ベスト10」
「見ない方がよかった映画ベスト10」
「原作よりいい映画ベスト10」
「子どもと一緒に見たい映画ベスト10」

身近な人たちの人間観察記録をテーマにしているなら、

「自慢したい友だちベスト10」
「言われて悔しかったことベスト10」
「街で感動した出来事ベスト10」
「思わず目を背けたくなった上司の行動ベスト(ワースト)10」

まあ、なんでもありです。
そんなベスト10リストを作って持っていれば、その中から書きたいネタを見つけるのは簡単です。
もう、一生ネタ探しで困ることはありません。
どの順番で書こうか迷うくらいになるはずです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。