スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生還した人からのメッセージ。『うつから帰って参りました』一色伸幸 

『私をスキーに連れてって』や『彼女が水着に着替えたら』などの脚本家である一色伸幸氏。

若い頃から頭痛薬を呑みながら原稿を書くのを日常としていました。
街中の薬局を巡り、合法的なドラッグを買い漁る毎日。
やがて、医者の処方薬の絶大な快感を覚え、東南アジアに行けばその薬が処方箋なしでいくらでも買うことができることを知ります。
そうなるともう、疑いようもない薬物中毒です。

本人は、創作の糧として薬に頼っているつもりでした。薬を呑めばハイになり、執筆に集中でき、思うように書ける。
薬で作られた躁状態の中で仕事を続けましたが、その間に、本当のうつ病に脳は支配されていました。

ほとんど廃人のようになった夫を見過ごすことができなくなり、妻は夫を無理やり精神科に連れて行きます。
医師から、うつ病だと病名を言われ、夫もやっとこれまでのやっとこれまでの自分の行動を理解することができました。

 病人誕生。
 晴れてうつ病という病名を得て、その日からは寝て暮らした。

フリーの脚本家で、自由に休むことはできる。これまでの蓄積で、経済的にも困ることはない。恵まれた闘病生活の中で、生まれたのは、

 「死にたい」

という気持ちでした。

 しかし、身体が重く、トイレに行くことさえ億劫で、無気力な身には、飛び降りるにせよ首を吊るにせよ、自殺を企てるのは途方もない大仕事だ。

 消えてなくなりたい。

 これが、一番、近い。


でも、結局、一色氏は消えてなくなることはしません。
実際に、うつ病になり、その状態をのたうち、苦しみ、やっとのことで生還した一色氏が振り返る「うつ状態」は、教科書にはない臨場感があります。
たとえば、
「脳味噌がサランラップにくるまれている。笑ったり楽しんだりということを実感できなくなってしまっているのだ」

うつ病の人から表情が消えてしまったり、こちらからの働きかけにリアクションが取れなかったりするときがあります。
サランラップに隔てられた自分自身の脳に、うまくアクセスできない状態なのかもしれません。

 どういう病気であるかを理解してもらえない。それがうつ病の一番やっかいな点だ。
 仮にうつ病一般について把握してくれていても、問題は「僕のうつ病」や「あなたのうつ病で」で、脳の中で起こる現象だから個人差も大きい。
 分かりにくく、分からせにくいのだ。


結婚以来ずっと薬物依存状態だった彼は、十年以上、夫として、また二人の息子の父として、細やかな愛情を注ぐことはできていなかったようです。
でも、彼を生還させたのは、一色氏の奥さまであり、家族だったのだと思います。

身近にうつ病の方がいる人に、ぜひ、読んでほしい本です。




自分史の本棚
http://booklog.jp/users/jibunworks
スポンサーサイト

1日5行で、自己効力感を高める。 

アルバート・バンデューラというカナダの心理学者が、「自己効力感」という概念を提唱しました。
ある課題に対して、「自分ならやれる」と思える感覚が、自己効力感です。

自己効力感が高い人は、難しい課題にも前向きに挑戦を続けていくことができます。

自己効力感の高め方には4つあります。

1.達成体験
 
とにかく、自分でチャレンジしてみる。
思ったとおりに上手くいき、達成感を得られると、さらに難しい課題にも取り組めるようになる。


2.代理経験
 (モデリング)
自分の経験でなくても、仲間が行動し、上手くいくのを目の当たりにすることで、自分にもできるかもしれないという気持ちになる。
人の行動を見て、自分が体験するときのイメージトレーニングをする。

3.言語的説得
 
自分の能力を認めてくれる人から、言葉をかけてもらい、能力への確信を刷り込んでいく。


4.生理的情緒的高揚
 
緊張の場面でも、人に励まされ、自らも高揚することで、メンタリティを高めていく。


こういうことを日常的に続けていくことで、自分の「できる!」感をアップできます。
4つの項目の中で、1.の達成体験は、「1日5行の日記習慣」でも高められるでしょう。

たとえば、日記の5項目の文末を、「~できた。」にしてみる。

 昼食に日替りランチのすき焼き弁当を食べた。

と書くところを、

 昼食に、限定10食のすき焼き弁当、最後の1個をゲットできた。

と書き直してみる。

なんだか、すごく達成感を感じるでしょ。

毎日、「~できた。」ことを5つ見つけようとすると、見つける努力をはじめます。
すると、実は「毎日、いろいろなことができているんだ」ということに気がつくはずです。
なにをやっても「うまくいかない」と思っていたのは、まちがった思い込みに過ぎなくて、自分の人生はほとんどうまくいっているのだ。

そう気づくことができたら、しめたものです。
「1日5行の日記習慣」が、自己効力感アップに、とても役立ったことになります。

1日5行で、マインドチェンジ。 

さて、この5行日記をただ書きっ放しにするのではなく、日常生活をよりよく生きて行くために活用する。
つまり、マインドチェンジのツールにする方法を考えてみました。

毎日の5行を、「書く習慣をつける」目的のみに留めず、「課題」を設定して書いてみる。
書き続けているうちに、人生における課題が、自然に達成できてしまう。
遠くにあると思った夢が、いつの間にか実現している。
そんな虫の良過ぎる方法です。

やることはとても簡単です。
日記に書く5項目の、すべての文の文末を、「~感謝します。」で終わらせるというものです。
そんな難しいことではありません。
たとえば、

 昼食に食べたパスタが美味しかった。

と書くところを、

 昼食に、とても美味しいパスタが食べられたことに感謝します。

と書き直してみる。

 企画書の書き方のポイントを、先輩が教えてくれた。

と書くところを、

 先輩が企画書の書き方を教えてくれたことに感謝します。

と書き直してみる。

たったそれだけのことで、いいのです。

「感謝することなんかなにもない。会社も仕事もイヤなことばかりだ」

そう思う人は、見方を変えてみることもできます。

 企画書の書き方が下手だと、部長に嫌みを言われた。

と書くところを、見方を変えると、

 部長の指摘をいただき、企画書がレベルアップできたことに感謝します。

と書き直してみる。

「~感謝します。」で文末を締めなければならないと決めてみると、なんとか日常のネガティブな出来事をポジティブに解釈しようと努力するようになります。

その努力を続けていると、最初は無理やりこじつけで探していたのに、しばらくすると感謝できることがどんどん出てくるようになります。

そうすると、いつの間にか、思考のあり方そのものがポジティブに変わっていきます。
この効果は絶大です。
「ちょっと自分、ネガティブ思考かな」と思っていらっしゃる方、ぜひ、やってみてください。

少数派の感じ方。『親子アスペルガー ちょっと脳のタイプが違います』兼田絢未<自伝・自分史・その周辺94> 

5歳の長男が、知的障害のない自閉症「アスペルガー症候群」との診断を受けた兼田絢未さん。
医師の語る症状や特徴が、自分にも当てはなるのではないかと思い、診察を受け、37歳で自分もアスペルガー症候群と診断されました。
続いて次男も、つまり母子三人が同じアスペルガー症候群です。

絢未さんには、子どもの頃から人と同じようにできない感覚はありました。
人が多い場所が苦手、見えすぎる、聞こえすぎる、敏感すぎるために、辛さを味わってきた絢未さんには、二人の息子がいま体験している困難がよく理解できます。

私たちは「少数派」。多数派の人たちとは少し脳のしくみが違っています。
絢未さんは、長男に自分たちの「障害」について、こう説明しました。

  「障害」

 障害ってのはね、「みんなと同じことが、みんなと同じやり方できなくて、少し不便なこと」です。
 それは、恥ずかしいことでもないし、悲しいことでもありません。
 足が不自由な人は、車イスや杖を使います。
 目が見えない人は、白い杖を使ったり、盲導犬の力を借ります。
 耳が聞こえない人は、補聴器という機械を使ったり、手話でお話しをします。
 障害のある人は、みんなより不便だけど、いろんな工夫をして、精一杯に生きています。
「ちょっと手伝ってください」と言われたら、お手伝いして上げてくださいね。


最大の理解者である母は、多数派の感じ方を少数派の息子たちに説明できる立場です。
それでも、アスペルガーの症状がすべて同じわけではありません。母にも理解できないことも多くあります。

次男は、3歳から4歳くらいのときに、急にお母さんベタベタするようになったそうです。そのときのことを、小学生になってから振り返って話してくれました。

 保育園で自分のお世話をしてくれる人は「先生」という仕事をしている人。
 家でお世話をしてくれているのは「お母さん」というお仕事をしている人だと思っていた。
 保育園では「先生」が何人もいて交代するのに、
 どうして家ではいつも同じお母さんなのかと不思議だった。
 年少クラスになって、お友だちみんなに「お母さん」がいることを知り、
 やっと「ぼくだけのお母さん」ということがわかった。
 それがわかったら急に「お母さん大好き」になった。


アスペルガーの人たちの脳に、なにか欠けている部分があるということは、理屈ではわかっています。
でも、自分を生んだ母との絆は、子どもにとっては脳の中でも「本能」「無意識」のエリアにプログラムされていると思っていました。
その部分が欠けていて、すべてを後天的に学ばなければならないとしたら……。
生育期に彼らが経験する困難の大きさを、あらためて知ることになりました。




自分史の本棚
http://booklog.jp/users/jibunworks

1日5行。簡単だけど、効果的。 

1日10分。原稿用紙1枚分、400字前後の文章をひたすら書く。

それが習慣化できない人のために、もう少しハードルを下げてみましょう。
これなら、きっとできる、「5行日記」の提案です。

むずかしいルールはありません。
今日一日を振り返り、あった出来事を5つ思い出して、1行の文を作る。それだけです。
凝った表現をしようとか、むずかしい言い回しを考えようとか、感動する内容を記録しようとか、とくに考える必要はありません。

 □昼に食べたチーズハンバーグがおいしかった。
 □企画書のできを部長にほめられた。
 □帰りの電車で足をハイヒールで踏まれた。
 □少年ジャンプを買いわすれた。
 □携帯電話を止められた。

思いつくこと5個、なんでもかまいません。
今日一日、順を追って思いだしていけば、なにか書き残しておこうと思うことが出てくるでしょう。
この5個の文で、あなたの一日がわかる日記にしようというのが、アクティブ自分史の提案です。
こんな簡単なことなら、寝る前の2,3分でできるはず。絶対挫折しません。

もし、それでも面倒だと思うなら、あらかじめ、書く項目5つを決めておいてもいいでしょう。

 ● 今日会った人
 ● 今日食べたもの
 ● 今日の仕事
 ● 今日の読書
 ● 今日の会話

そんな5項目を決めておけば、書くことに迷うこともありません。

思いっきり低いハードルです。
これを毎日続けるうちに、ちょっとずつ飽き足りなくなるはずです。
もっと書けるし、もっと書きたいと思えるようになったら、しめたものです。
毎日書き続ける習慣が身に付いてきた証拠です。

1日5行の、日記習慣。 

1日10分。毎日原稿用紙1枚分、100字前後の文章を書くことを習慣化する。
それによって、脳のライティング回路が繋がります。

脳のライティング回路が繋がると、脳と連動して手が動くようになる。
脳と連動して手が動くようになると書くことを身体で覚え込んでしまう。
書くことを身体で覚え込んでしまえば、書くスピードが格段に早くなる。
書くスピードが早くなると、書くことが億劫でなくなる。
書くことが億劫でなくなると、いくらでも書くことできるようになる。
いくらでも書けることになると、考えたことを気軽にアウトプットできるようになる。
考えたことを気軽にアウトプットできるようになると、自分の思考を客観的に見直すことができるようになる。
自分の思考を客観的に見直すことができると、思考をさらに深めていくことができる。

1日10分のライティングを続けていくことで、思考をさらに深めていくことできるようになります。
すると、書くことを自己表現の手段として、コミュニケーションの手段として使いこなすことができるようになります。

毎日続ければ、必ず効果が上がる方法です。
コツコツとやり続ければ、半年後、1年後、見違えるようにスムーズに書けるようになっているはずです。

しかし、いいとわかっていても、続けられない。
はじめてはみたけれど、習慣化まではなかなかいけない。
半年続ける前に挫折してしまった。
そういう人もいるでしょう。

「ちょっとハードルが高い」
そうおっしゃる方にも、絶対続けられる「1日5行の、日記習慣」を、ご提案します。

その内容は、次回。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。