スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのちを癒す森。『あなたに喜んでもらえるように』佐藤初女<自伝・自分史・その周辺102> 

岩手県の岩木山のふもとに、「森のイスキア」と名付けられた宿泊施設があります。
広大な森の中に、こじんまりとした宿。
そこは、傷つき疲れた人たちを迎え入れ、心のこもったおもてなしで癒してくれる場所です。

佐藤初女さんは、森のイスキアの主宰者です。
有志からからの寄付で、買った土地を、穏やかでやさしい森に育て、居心地の良い癒しの場所にしました。
そして、「食べることは、命の移し替え」という考え方のもと、土地に育つ旬の食材を使い、丁寧に調理し、旅人に滋味豊かな食事を振る舞います。
その生き方は、「生物多様性」なんて言葉がなかった時代から続いて来ましたが、明らかに地球とすべての生物が共生することを目指しています。

さらに、傷ついた旅人の話をとことん聴いてくれるカウンセラーにもなります。
その活動に私利私欲はありません。
すべての行動は、「人のために」です。

ある講演会で、一人の男性に言葉をかけられたときのエピソードが、初女さんの考え方の裏付けです。

 「いのちって、どういうことですか?」
 あまりに急な質問に驚きながらも、とっさに私は答えていました。
 「生きることですよ」
 すると、その人はさらに尋ねました。
 「生きるってどういうことですか?」
 「人は誰かに仕えるために生まれてきた、と言われますので、人のお役に立つように生きることですね」
 そう、お答えしたら、
 「はい! わかりました!」
 と元気に言い、足取りも軽く帰っていきました。

人を癒す達人である初女さんも、ときには迷い、悩むことがあります。
自分の気持ちが揺れていることをとても心細く感じてしまいました。

 ちょうど、神父さまとお会いする機会があったので、「私はよく揺れるんです」とお話したところ、 「揺れてもいいんだよ」とおっしゃるのです。
 「あれ? どうして揺れてもいいんだろう?」と思いながら、「揺れると言っても、大揺れに揺れるんです」と言うと、「大揺れに揺れても、一本芯が通っていれば、それでいいんだよ」

 そのひとことで、私ははっとしました。揺れること事態は、決して悪いことではない。
 だから、揺れることを不安に思うのではなく、芯の通った人間になればいいだけなんだ、と考え方を変えることができたのです。


含蓄に富んだ言葉がいっぱい。
傷ついたときには、「森のイスキア」を訪ねればいい。そう思えます。




自分史の本棚
http://booklog.jp/users/jibunworks
スポンサーサイト

メールが、あなたの代理人。 

ビジネスを電話でのやりとりで進めていくのが主流だった時代は、「言った」「言わない」のトラブルはグッと少なくなりました。
捨ててしまわない限り、きちんと交わされた意見が残っていくメールは、ビジネスのルールを変えました。

そういう時代に、「メールは用件のみ箇条書き」って、おもしろくないと思いませんか?

メールが素敵だと、きっとあなたも素敵な人だと思われます。

でも、残念ながら、「こんなメールは、イヤだ!」というものも、毎日メールボックスには投げ込まれます。

・何通か続けてやりとりをしていると、返信返信で、相手がなにについて書いているのかわからなくなるメール。

・あるいは、また、実際に会って話をした内容について書かれたメールでは、いつの時点のどのやりとりについてのコメントなのかわからなくなっているメール。

・また、やたら長いメールなんだけど、長さに埋もれて、なにが言いたいのかわからなくなっているメール。

・ メールなのに、「この人、なにか怒っているのかした」と思わせるメール。

・ 誰かに送ったメールの使い回しのようで、なんとなく文章のトーンが自分にしっくりこないメール。

実際に、こんなメールを受けとって、イヤな気分になったこと、ありませんか?
もし、あるなら、あなたは絶対、こんなメールを人に送らないようにしましょう。

メールはあなたの代理人です。

文章力をメールで伸ばす。 

現代人の日常生活で、「書く」行為を考えると、書く頻度も、書く量も、もっとも多いのがメールではないでしょか?

ご自身のことを振り返ってみても、いかがでしょう。
今日書いたものを振り返ってみると、

・ スケジュール
・ やることリスト
・ 買物メモ
・ 受けた電話の伝言
・ 日記
・ ブログ
・ メール

毎日続けて日記やブログを書いている方もいると思いますが、確実に書いている文章らしきものと言えば、メールが一番かもしれません。
しかも、「読んでもらう人が必ずいる」というのがメールの特性です。

読む相手がいない日記は、自分自身の備忘録になってしまい、文章のスタイルも崩してしまいがちです。
ブログは、読む人を想定してはいるものの、どんな人が読んでくれているのかいまいちよくわかりません。

それらと比べると、メールは読んでくれる人が決まっています。
名前も顔もわかっています。
不特定多数の人に送るメールもありますが、その場合でも、読んでくれる相手は、明確に想定されているはずですね。

ならば、必然的に毎日書かなければならないメールを使って、文章力を伸ばしていく工夫をしてみましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。