スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼の自意識で生きる。『僕は自分が見たことしか信じない』内田篤人 <自伝・自分史・その周辺109> 

サッカー日本代表、ドイツブンデスリーガ シャルケ04の右サイドバック 内田篤人。

昨年の東日本大震災のあと、頻繁に流されたCM

「日本の皆へ
 少しでも多くの命が救われますように
 共に生きよう!」

というメッセージを覚えていらっしゃる方も多いでしょう。
あのメッセージには、私も勇気づけられました。

この本を読んで、『心を整える』の長谷部誠とは違った形で、でも、内田篤人も極めて内省的な人だと思いました。

端正な佇まいから、日本代表のなかで、ダントツ女性ファンを集める内田篤人。
人気の派手さと内田選手の実在に、驚くほどのギャップがあります。

高校生からJリーグへ。Jリーグから海外へ。
ユースから代表チームへ。

サッカー選手として、つねに「最年少」、「日本人初」という肩書きをつけられて成長してきた内田選手。
トップエリートの高い意識をもって、ぐいぐいキャリアアップしたのかと思うと、そうでもない。

悩みながら、迷いながら、苦しみながらやってきたのだということが、この本を読んでわかりました。

高校から鹿島アントラーズに入ったとき先輩、岩政選手に、
「ウッチーには、2〜3年後にスタメン張ってもらわないと困るなあ」
といわれたときのこと。

 「はい、頑張ります!」と即答したけれど、高卒で怖いもの知らずだった僕は、実は心のなかですごい悔しくて、
 「絶対、すぐにスタメンになる! 岩政さんの予想を裏切ってやる!」と燃えた。
 だから、1年目のキャンプでは、“岩政さんの鼻を空かしたい!”一心だったし、 
 そのおかげで、高いモチベーションを保てた。

人に絶対に弱みを見せたくない。自分がつらかったこと、頑張ったことはおくびにも出さずになにかを成し遂げたいと思う性格。

鹿島アントラーズ時代の、プロとしてのプレッシャーから感じた不安感。
その不安による不眠。そして、原因不明の吐き気。

 これから書くことは、僕の弱い部分。今まで誰にも見られていないし、言ったこともない。初めての告白だ。

 身体が苦しくても、休めば自分のポジションを他の誰かに譲らなければならない。
吐き気を感じても、
 「ガムを噛んで吐き気は止まった」と。嘘をついてプレーをした。

そうするようになった理由は、母から届けられた手紙。

 「大きくて頑丈な身体に産んであげられなくてゴメンね」

 そう書いてあった。目頭が熱くなった。
 僕はお母さんにそんな思いをさせちゃっていた自分に、すごいショックを受けた。
 そこから、嘘でもいいから、とりあえず、吐き気は止まった、と言うようにした。

頑固なほどに揺るぐことがない自意識が、内田篤人の本当の魅力なんだと思わせられるのは、

第3章 男らしく生きたい —内田篤人の人生訓22−

背番号の数に合わせた22のポリシーには、

「言い訳や文句は、言うべきではない」
「目標は公言しない」
「努力や成功は、本来見せびらかすものではない」
「感情は表に出さない」
「自分の決断に誇りもつ」

といった、気骨溢れる文言が並びます。

やさしく涼しげな表情の奥にある、鋼のような自意識に共鳴したのか、読みながら、知らず知らず涙が流れてしまいました。




自分史の本棚
http://booklog.jp/users/jibunworks

スポンサーサイト

映画からメッセージを受け取る。 

さて、いまを去ること二十年前(だいたい)にさかのぼります。
私は、このやり方が結構使えるなと思いました。

当時、コピーライターだった私は、仕事で3年ほど映画レビューを書いていました。
ある化粧品会社から依頼を受けた雑誌広告の仕事です。
封切り間近の映画を見て、そのストーリー紹介を2000字ほどで書きます。
最後に、出演していた女優のメイクに言及するというスタイルの広告を毎月作っていました。

公開前の映画は、急に公開スケジュールが変わることがあります。
アメリカで先に公開した映画が不入りで、日本に入ってこなくなってしまったり。
あるいは、来月公開予定だったのに、前の作品が好評で、公開延期になってしまったり。
実際に見てみたら、とても日本では受けそうもなくて、ボツになる作品もあります。

そんな事情もあり、広告掲載は毎月1回なのですが、見る映画は3〜4本。
不測の事態に備えて、広告は本命の作品と予備の作品の2本分を用意しておくようにしていました。
つまり、毎月2本ずつ、映画のレビューを書いていたわけですね。

さて、映画レビューを書くことが、どんな役に立つのか?

映画を見ながら、ストーリーを追いながら、制作者が設定した、作品のコア、
「肝の部分がここだ!」とわかるようになる。

そして、ストーリーにはコアの部分に持っていくための伏線が張ってあります。
その伏線に来たときに、「あ、これ伏線だ」ということが直感的にわかるようになる。

すると、その伏線まわりのことにしっかり目を凝らして、映画全体をより楽しむことができるようになる。
楽しみながら、その映画のメッセージを正確に受け取ることができるようになります。

そして、どんな伏線が張られて、どんなふうにストーリーが展開して、どんなスイッチが入ると、人は感動するのか?
そのシステムがわかるようになります。

前回お伝えした本のレビュー、読書感想文の書き方。
この、映画のレビューの書き方と同じなのです。

つまり、その映画が、その本が、伝えようとすることを間違いなく把握する。
制作者、著者のメッセージを正確に受け取ることに留意する。

それを咀嚼し、自分の血肉にするのは、文章レベルが次の段階になったときに考えること。
いまは、映画レビューで楽しく文章力をつけることを実践してみてください。

映画レビューに挑戦。 

前回は、「大人の読書感想文」について、書かせていただきました。

現代人の基本スキルとして、「書くこと」は欠かせません。
書く技術を持っているのと持っていないのとでは、人生の質まで変わってしまうかもしれません。

本を読んだら、レビューを書く。
それは、人に見せるためのものでなくて全然かまいません。
自分だけの読書記録として残していけばいいのです。

読んだ本が、
「すごくためになった」
と思えば、その部分を。
「いい言葉見つけた」
と思えば、その言葉を。
「この手は、仕事でも使えるぞ」
と思えば、その方法を。

どんどん記録していくことで、あなただけのデータベースを作ることができます。

文章も上手になって、しかも、本の情報が蓄積されていくレビュー効果に期待できますよね。

でも、忙しい日常のなかで、「読んだ本をまとめる時間なんかない」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、映画レビューです。

やりかたは、本のレビューとほぼ同じ……。

本を読むときは、しおり代わりになる紙を使ってメモしていましたが、映画のときは、ノートを使います。

映画館の闇のなかなので、紙がバラバラになってしまうと、あとから整理できなくなってしまいますからね。

1本映画を見るなかで、「おもしろい!」と思ったこと、心にグッと響いたセリフをノートに、どんどん書いていく。

なんですけど、本は読んでいる途中で止めることができますが、映画は止められません。
あ、そうでもないか。
家でビデオで見ているのなら、止めることはできますね。

でも、セリフ一言一句間違わないできっちり書き取る必要はありませんから、
できれば最初から最後まで止めないで続けて見ていただいた方がいいでしょう。

そうやって、セリフを書き留めて、セリフだけ順番に並べると、
映画全体のストーリーがそれとなくわかるものになっているでしょう。

メルマガ「1日10分 1年で創る自分史」117号、明日発行します。 

さて、明日は、メルマガ「1日10分 1年で創る自分史」を配信させていただく日です。

このメルマガでは、現代人に欠かせない「文章を書く」スキルを、自分史を通じて身につける提案をしています。

それとともに、私が読んで、ぜひ皆さまにおすすめしたいと思った、自分史関連の本のブックレビューもテーマにしています。

今回のメルマガでは、サッカー日本代表、ドイツブンデスリーガ、シャルケ04の右サイドバック、
内田篤人選手の、
『僕は自分が見たことしか信じない』をご紹介しています。

読みながら、静かな感動がわき上がってくる、素敵な本でした。

メルマガご登録いただける方は、ぜひ、こちらからご登録ください。

メルマガ「1日10分 1年で創る自分史」ご登録フォーム




僕は自分が見たことしか信じない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。