スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい話を録音してみる。 

心の中の思いを言葉にしてみることは、書く前に書く内容を整理する作業として、とても有効です。
でも、都合よく話を聞いてくれる相手がいない場合もありますね。
もしかすると、あなたがすごくシャイで、同僚や級友に、「小学校の遠足のときのことなんだけど、聞いてくれる?」ってどうしても話しだせないこともあるでしょう。
そういうことなら、無理することはありません。
話す相手がいないなら、録音機に向かって話してみましょう。
ラジカセでもボイスレコーダーでも、なんでもかまいません。
話したい内容をマイクに向かって話してみましょう。
とにかく、考えていることを口に出す。それが大切です。
実際に声に出して話してみることは、頭の中で考えた文章の組み立てを見直すことです。 考えていたときには大丈夫だと思っていた構成で、うまくまとめられないかもしれません。
5分間くらい録音したものを再生してみましょう。
あらためて聞いてみると、
「この言い方では正確ではないな」とか、「こういう言い方では誤解をされるな」とか、「ここのところ、きちんと説明しないと前後関係がわからないな」ということがわかるようになると思います。
つまり、この作業は、心の中にあることを一度、外に取り出して、第三者の目で、客観的に見直してみる作業になるわけですね。

自分に質問もしてみましょう。
自分で自分にする質問の内容は、他の人がしてくれる質問より意外性は少ないかもしれません。でも、その分、話が横道にそれたり、まったく違う話になったりする心配はありません。
自分への質問のしかた次第では、さらに内容を深めていくことができるかもしれません。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/106-12eefd94

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。