スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

録音素材から文章を完成させる。 

録音した内容で「よしッ!」となったら、今度はそれを文章に起す作業です。
一字一句をきっちり書き起こす必要はありません。
段落ごと(というか、ひと息ごと)のキーワードをメモしていきましょう。
そして、そのキーワードが入ったフレーズか、そのキーワードを表現したフレーズを順番に取り出します。
それは、できあがった文章にあなたが必ず入れたいと思うフレーズです。
そして、それだけを順番に読んでいっても、書いてあることがなんとなくわかるように並べてみてください。
1文ごとに、間を2,3行空けて書いてください。
飛び石のように置かれた文で、文章全体の思考の流れがわかればよいのです。
これが、これから仕上げる文章の枠組みです。

次は、文と文との空間を埋めていく作業です。
録音した内容をそのまま再現する必要はありません。
飛び石の文がスムーズにつながるように、前の文を受けて、次の文に渡すように、文章を展開していってください。

こうして文章を書くのは、ゼロから書き進めるより気楽にスムーズにできるのではないかと思います。
なにしろ、並べられた飛び石で、進むべき道筋がしっかり作られていて、到着すべきゴールも目に見えているわけですから。
ただ、ひたすら空間を埋めていく作業に集中すれば、文章が書きあがるのです。

できあがったものは、録音したものとは少し違っているかもしれませんが、それでまったくかまいません。
心の中のものを録音することで一度外に向けて手放し、書くことでまた自分の内側に取り込む作業を完成させるわけです。
頭だけで作りあげた文章よりも客観性のある、説得力のある文章に仕上がっているはずです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/110-5bf69b6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。