スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく、なにも考えないことが大切。 


書く経験の少ない方が、抱えるいちばん大きな問題は、うまく書こうという思いが強すぎて、かえって集中できないということではないでしょうか。

書く前からなにを書けばよいかで考えすぎてしまうことです。

なんとか書き出しても、少し書いてはハタと止まってしまう。書いていることがこれでいいのか、読み返してしまう。

書いたものを何度も読み返すこと、「推敲」は非常に大切なことですが、それは書きあげてから行う作業です。

いままだ書いてもいないのでは推敲の段階ではありません。

文章の質よりも量を問うのが、この段階です。

こう言っては身も蓋もないかもしれませんが、アハ体験でライティング回路をつなぐためには、「質」より「量」なのです。

10分間セットしたアラームが鳴るまで、一定のスピードでノンストップで書き続けるためには、できるだけ考えないで機械的に書けるテーマがよいのです。

量が書けるようになることで、質が後から着いてくるのだと思いましょう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/13-2058c04d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。