スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひとりブレスト」のすすめ。 

文章を書き出す前に、まず「伝えたいこと」を明確にしましょう。

「伝えたいこと」が曖昧なまま文章を書きはじめて、なんとか原稿用紙2,3枚書けました。
書けた原稿を読み直してみたら、
「あれっ?最初言っていたことと結論とがまったく逆になっている」
というようなことが、結構あるものです。

「伝えたいこと」が明確でない文章は、いわば、糸の切れた凧。
文章が勝手気ままに進んでしまい、行き着く場所に行き着けなくなってしまいます。
「伝えたいこと」は、文章の出発点であり、同時に終着点。
「伝えたいこと」が明確になった時点で、文章は半分書けたと言っても過言ではないでしょう。

でも、自分が書こうとしている文章で「伝えたいことは、なんだろう?」と考えることって、簡単なようで、それほど簡単なことでもないのです。

だいたいの場合、人間は「伝えたいこと」より「書やすいこと」を優先させてしまいます。
もっと深く「伝えたいこと」を掘り下げれば、もっと共感の得られる感動的な文章になるかもしれないのに、案外浅いところで「伝えたいこと」を決めてしまいがちです。
「伝えたいこと」を深く考えるには、それなりのチャレンジ精神が必要なのかもしれません。

そうならないために、おすすめしたいのが、企業などで会議を活性化し、アイデアを出し合う方法として開発されたブレインストーミングです。広告業界では略して「ブレスト」と呼んでいます。
(*ブレインストーミングについては、こちらで。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ブレインストーミング

「ブレスト」と言っても、あなたの文章を書くために、人を集めて会議を開くわけにはいきません。
そこで、このブレストのプロセスを一人でやってしまおう、というのが、私が提案する「ひとりブレスト」です。

やり方については、次回お伝えします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/187-dd7af20b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。