スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱みを強みに逆転させる。 

過去に経験した苦しい出来事、うまくいかなかった人間関係、今となっては許せない自分の行動。
こころの中に封印していたネガティブな記憶を思い出して、洗い出しすることは、自分自身の前半生の振り返りです。
出来事の直後には、振り返ろうとしても、ただただそのときの辛く悔しい思い出で頭がいっぱいになってしまうかもしれません。
また、自分で自分を弁護するような気分になって、主観的な振り返りしかできないかもしれません。

時間を置いて、ちょっと遠い過去の出来事として振り返ることは、それとは違うものとなるでしょう。
もちろん、まだ辛い気分を感じることもあると思いますが、時間を置くことで、自分が関わった出来事も、客観的に見ることができるようになります。
出来事を分析することもできるようになります。

分析の結果、失敗がいつも同じ行動パターンに原因があるとわかったら、その行動パターンが「自分の弱み」であることが再確認できますね。

たとえば、
◆居丈高な取引先の相手との仕事はいつもうまくいかない。
◆仕事の納品スケジュールが二つ以上重なると、ついつい手抜きをしてしまう。
◆予定外の収入があると、派手に使いすぎてしまう。

そんな自分の弱みも、しっかり自覚できて、自己分析できれば、同じ轍を踏まないように、対応方法を考えることができます。
事前に、こころの準備ができていれば、いざ、同じような場面に再び遭遇したときにもあたふたすることはありませんね。

つまり、弱みを強みに逆転させることができるようになります。

ネガティブな記憶の洗い出し。
それをやっておくことで、これから訪れる後半生を、より実り多いものにすることができます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/225-a0d189d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。