スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「記憶」を「記録」にしてみる。 

先週は、更新をお休みさせていただきました。
このブログを楽しみにしていただいていた皆さま、本当に申し訳ありません。
久しぶりの更新になりますが、あらためまして、よろしく、お願いします。


前回の続きです。
人はそれぞれ、他人にない優れた資源を持っています。
それが、あなたにとっての「強み」になる。
その強みを探しだし、さらに強化していこう、というのが私の提案です。

過去の強みが活かされた経験を前回は洗い出してみました。

あなたの強みが活かされた経験には、仕事が成功したこと、部活で活躍したこと、人から信頼を得られたことなど、いろいろなことがあるでしょう。
たくさん思い出すことができましたか。
思いついたままにリストアップしたものを、今度は記憶から記録へ定着させていきましょう。

「記憶」は記憶のままでは、ただの思い込みで終わってしまうことがあります。
でも、それを「記録」に定着させておけば、記憶を他の人にも伝えられる客観的な事実にすることができます。
客観的に定着した「記録」によって、あなたは、自分の強みをさらにしっかり自覚できるようになるでしょう。
次のハードルに遭遇したときに、強みはハードルを乗り越えるための武器として利用できます。

これまでの人生を振り返って、強みが発揮できて得られた成功体験を順位付けしてみましょう。
かなり昔の体験でも、ごく最近の出来事でもかまいません。
リストアップした出来事の、現在のあなたの人生への影響度の大きなものから順番に、ベスト1から5までを並べてみてください。

その、成功体験を、原稿用紙2~3枚。文字数1000字前後のエッセイにしてみましょう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/229-090fe5df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。