スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主観と客観を兼任する。 

「最良の読者を持て」という提案を、以前したことがあります。

現実世界に、最良の読者がいて、あなたが書いた文章を一つ一つ読み込んで、愛情あふれるコメントをしてくれたら、それに勝ることはありません。
読んでもらって、褒められればうれしいし、いけないところを指摘されれば、前向きに直そうという気になるでしょう。
また読んでもらえると思えば、少しでもわかりやすく、上手な文章を書こうという気持ちにもなるでしょう。

でも、そんな最良の読者を見つけるのはかなりむずかしいですね。
いたとしても、気軽に「読んで」とはなかなか言えません。
「下手」とはっきり言ってもらって、そこを直そうという意図なのに、「もっと上手に書かなければ」と、のびのび書けなくなるかもしれません。

もうちょっと上手に書けるようになってから、なんの文句もつけられない文章が書けるようになったら見てもらおう。

それでは話が逆です。

生身の読者の目の前に、「読んで」と書き上がった文章を差しだす勇気がない方におすすめしたいのは、自分で自分の読者になってしまうことです。
書き手と読み手、二つの立場を兼任することです。

文章を書くあなたは「主観」です。
でも、読むあなたは「客観」です。


「主観」と「客観」、その二つの立場を上手に使い分けることができるようになれば、文章の精度がぐんと上がることでしょう。

書くときは、「私」の気持ちをじっくり見つめて、「私」の脳の中をしっかり探り、正確に、「私」が体験した出来事を再現することに徹すればいいのです。

そして、書き上がった文章を、今度は、自分ではない「誰か」の視点を借りて、第三者として読み返せばいいのです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/242-f9005f7e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。