スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強み体験エッセイを書き直す。 

「禁・感動」で書いた文章が、最終的にきちんと書きあがっているのかどうか、自分で判断するのはけっこう難しいかもしれません。

考えに考えて、やっとできあがった文章を、書きあげてすぐ手を入れることは至難の業です。
この瞬間、自分が生み出したものを、次の瞬間、他人事のように評価するなんて、そうそうできることではありません。
書いた自分は、「いい文章が書けた」と思っているわけですから、自惚れもあります。
なかなか公平な評価ができないでしょう。

だから、書いた文章をしばらく置いておくのです。

書きあがった強みエッセイを、時間をおいて読み返すとき、自分以外の第三者的な視点を持つことができます。
書き立てほやほやの文章を冷却することで、書いた直後には上手くできなかった、「冷静に読み返す」ことができるようになります。
あなたが書いた文章を、あなたが最初の読者として、厳しい目で読んでください。

「感動」という言葉を封印して書きあげた、あなたの強み体験エッセイはどうでしょう。
作者の思いが伝わってきますか?

もし、「感動」が全然伝わってこないと思ったら、その理由を読者として考えてみてください。
書いた本人はわからないことも、第三者の目を通すとわかることがあります。
読者としてのあなたが読むと、
「場所の説明がよくわからないな」とか、
「このセリフを言った人が誰か書いてないな」とか、
「結論への展開が早すぎるな」とか、
作者の自分がどれだけ読み返してもわからなかったことが、わかるようになります。
本当に不思議なのですが、「主観」から「客観」へ、ただ視点を変えるというだけで、自分の文章を公正に評価できるようになるのです。

この方法の良いところは、読者として指摘したあなたの文章の欠陥を、今度は作者として書き直せることです。
書き直したら、また時間を置いて、読者として読み返せばよいのです。
何度でも書き直せます。
何度でも書き直すうちに、どんどん文章上達に近づいていきます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/250-d4d5d93f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。