スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼン相手がカギを握る。 

他人の助けを借りずとも自分一人で、自分史は書けます。
人の意見を聞いて、自分が書こうとしているものを取りやめたり、書き直したりする手間ひまを考えると、自分一人で書く方が面倒がないと思うかもしれません。

実は、その面倒なことに、文章上達の秘訣が込められています。

私は、長年、広告代理店でコピーライターとして生計を立てていました。
広告の仕事には、つねに、プレゼン相手がいて、「クライアント(広告主)」と呼ばれています。
すべての広告のコピーは、クライアントにプレゼンをし、目を通してもらい、OKの返事をもらわない限り、広告として日の目を見ることはありません。
どんなにいい文章が、机上で書けたとしても、プレゼンした相手を納得させられなければ、ボツ原稿になるしかないのが、広告コピーの運命です。

さて、ここからが重要なのですが、私が経験的に獲得した一つの法則があります。

いいフィードバックをくれるクライアントの仕事では、いいコピーが書ける。

私はとくに上手くもなく、とくに下手でもない並のコピーライターですから、「それ、ホントに本当の真理か?」と問われれば、自信がありません。
もしかしたら、クライアントになにを言われても、なんの影響も受けず、つねに百点満点のコピーが書けるコピーライターがいるかもしれません。

でも、広告の世界では、クライアントを満足させて、しかも、その広告を見た消費者をうならせて、その上で、コピーが作品として残っていく、というのが理想です。
だからこそ、いいフィードバックをくれるクライアントが、いいコピーの絶対条件になります。

残念なことに、コピーライターは、いいクライアントを自分で選ぶことができません。
それどころか、いいクライアントだと思っていた相手からクビを切られてしまうことだってあります。
いいクライアントとの出会いは、恵まれた幸運以外の何者でもないのです。

でも、自分史ライターであるあなたは、プレゼン相手を選べます。

「客観的に見ておもしろいかどうかわからないとき」
「次になにをすればいいのかなやんでいるとき」
「文体のよしあしがわからなくなってしまったとき」
「なんかもやもやしているとき」

いろいろなタイミングで、その人にプレゼンし、客観的な意見をもらいましょう。
これから、あなたが書く自分史は、その人といっしょに作っていくと思ってください。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/267-61fbf15f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。