スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自分史」の新しい概念。 

「自分史」に似たもののようで、微妙に違うのが、「自伝」です。
功なり名を遂げた人が、自分の人生における功績を、末代まで残しておくために記すものが、自伝の概念でしょう。
一方で「伝記」という、自分の人生を人が書いてくれるという表現方法もありますから、自伝には「伝えるべき価値が自分の人生にある」という作者の自負が込められているように思います。

「自分史とは?」
という文章では必ず名前が引き合いに出される、色川大吉氏
1975年に『ある昭和史・自分史の試み』という本を出版し、そこではじめて、「自分史」という言葉が使われたそうです。
色川氏の「自分史」に触発されて、自分史の試みが市民運動のように大きなうねりとなりました。

功績などなにもない。人に伝記を書いてもらうことなどありえない庶民でも、自分が生きた証を記録に残そうではないか。

無名人の心意気なんですね。
それはそれで、とても有意義だと思います。
作家でもない普通の人々が、本を記すことなど夢のようなことだった時代には、インパクトある魅力的な提案でした。

でも、その目的だけだと、「自分史」は、リタイア後の、人生半分以上片づいた人だけのものになってしまいます。
「いろいろなことがあったけれど、いまにして思えば、あれもこれもいい思い出だね」
すべて過去形表記の、妙に達観したものになってしまうかもしれません。

それは、私が提案する自分史ではありません。

もっとアクティブで、あなたが書いた「自分史」なのに、書いたあなたに影響を与えるような、そんな「自分史」にしたいのです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/277-f69dad50

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。