スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24時間中の10分を、自分史に使う。 

自分史を1冊の本に仕上げるには、最低でも400字詰め原稿用紙で200枚くらいは必要でしょう。写真やイラストが入れば、もっと短くても行けるかもしれませんが、ある程度の読みごたえがほしいとなると200枚ですね。



プロの作家には1日に50枚くらい平気で書いてしまう人がいるみたいです。そんな人なら200枚を1週間で書き上げることも可能なのでしょうが、私たちはそんなことはできません。



そう思うと、やはり気持ちをしぼませないで完走するのは、かなり大変なのでしょう。


でも、モチベーションを維持するために、気持ちを張りつめ続けるのにも疲れてしまいます。途中でもう全部投げ出したい気持ちになってしまうかもしれません。

自分史、書きたいのに挫折する人が多いのは、そんな理由なんですね。



「1日10分。1年で創る自分史」は、1年間のマラソンだけど、持久力・忍耐力を要求されることはありません。

毎日10分ずつ意味のある楽しい時間を持つ。

そして、毎日ちょっとずつ、小さな達成感を積み重ねていく。



小さなことからコツコツと。



小さなことだけど、それを続けて行けることでもっと楽しくなる。

はじめた人は、みんな笑って完走できる。

そういうプログラムです。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/3-cbb93c35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。