スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十年後の自分像から、テーマを決める。 

十年後の自分像は、できるだけ具体的に思い描きたいと思います。
十年後のあなたが、どんなふうに仕事に取り組み、どんな充実した毎日を送っているのか。
家族とどんな表情で家族と語り合い、どんな絆を持っているのか。
立体的な肉付けをして、まさにそうなっている自分像を思い描けるとよいと思います。
「いまの自分だったら、五年後はこの程度かな」という妥協の自分像にはしないでください。

「こんなの実現できっこない」
そう思うくらいでも大丈夫です。
最大限に仕事も私生活も上手くいき、どんどん事態が好転して、次から次へとやりたいことが実現していく。
そんな理想の未来が実現すると考えて、十年後の自分像を創ればよいのです。

十年後の自分像が具体的にできあがったら、今度は、その自分像からまっすぐ、いまの自分に向かって直線を引いてみてください。
十年後の自分像といまのあなたが繋がっているのです。
いま考えると、でき過ぎと思えるような自分像。ちょっと気恥ずかしいと思うかもしれません。
でも、十年後に、その自分像が実現するのです。
そこから逆算すると、これからの自分がどんな目標を持って、どんな生き方を選択していけばいいのか、わかってくるのではないでしょうか。

あなたが書くアクティブ自分史のテーマは、そのまま、あなたが「十年後の自分像」を実現するためのテーマになります。
そのテーマに基づいて、自分史の文章を書き続けていくことが、十年後の自分像を実現するためのパワーになっていきます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/311-74782dde

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。