スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十年後の自分像へ至る道筋。 

「十年後の自分像」を実現するために、自分史のテーマを決める。

従来型の自分史の書き方とは正反対のやり方で書くのが「アクティブ自分史」です。
たとえば、あなたが十年後、「起業を果たし、業界でトップに立っている」という自分像を描いたとします。
それをただの夢に終わらせるか、十年後のリアルにするかは、あなた次第です。
いま現在のあなたが、どれだけ鮮明に十年後の自分像を描けるかにかかっています。

仕事だけではなく、家庭生活にも、趣味にも社会活動にも、十年後、あなたはどんなふうに取り組んでいるのか。
どんなふうに生きることに情熱を注いでいるか。
どんなふうに家族や他の人々と関係を結んでいるのか。
そのとき、あなたはどんな体型で、どんな顔をしているのか。

いろいろな側面から考えていってください。
「起業」といっても、仕事と経済面のことだけ考えていては、薄っぺらな自分像になってしまいます。
公私ともに充実し、意欲的に生きているためには、家庭生活も人間関係もないがしろにはできないでしょう。

立体的な肉付けができて、十年後のあなたが実像として見えれば、その自分像に繋がる道筋もしっかり見えてくはずです。

「この道を行けば、十年後、自分はこうなっているはずだ」

その道が、東西南北、どの方向に向かっているのか、それがわかるはずです。

十年間の道筋が見えたら、テーマが決まります。
とはいえ、いまはまだ一年目。
十年後のゴールは、はるか彼方です。
十年目のゴールのために、一年目に掲げるべきは、一年目のあなたが、一年間で達成すべきことです。
この時点で、起業のためのオフィス探しに労力を費やしても無駄になります。

「一年間のテーマ」は、「知識と実践を積んで、十年後に備える」というような、十年後に向けた基礎造りの内容になるのではないでしょうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/313-7797787f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。