スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年内に「十年後の自分像」を作る。 

「明日のこともわからないのに、十年後のことなんてわからないよ」

そう思っている方もいますよね。
上手く右肩上がりの上昇線を描いていた人生グラフが、明日急下降するかもしれません。
順調にキャリアアップしていたはずなのに、来年には会社がなくなっているかもしれません。
遠くに見えていた十年後のゴールへの道が、ぷっつり断裂してしまうことがあるかもしれません。

でも、来年あなたの人生に大異変が訪れても、十年後にはなんとかリカバリーできるとも言えるでしょう。
一時的に、むずかしい局面に直面して、落ち込んでも、十年間ずっと落ち込み続けるわけはありません。
落ち込んだ状況から浮かび上がる努力を毎日続けていけば、そのうち再び上昇カーブに転じることができるでしょう。
そのためには、未来の指標となる「十年後の自分像」を確かなものにしておきたいのです。

なにか行動しなければいけないと思ってはみても、思考がまとまらず、なにから手をつければよいか全然わからなくなってしまうことがあります。
未来から現在のあなたに向けて、道標となる光が指してきていたら、それに向かって進んでいけばいいのです。

つまり、こんな時代だからこそ、「十年後の自分像」をしっかり持っていよう。

これから、年末。
12月の一ヶ月間を「十年後の自分像」をしっかり考える期間にしてください。
本当になりたい自分をしっかり考えて、来年からの十年間、揺るぎない確信としてあなたを支える指標を作ってください。
そして、2011年幕開けから、新しい十年をはじめてください。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/317-03c2678e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。