スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書くために、「頭」と「手」を連動させる。 

書くことに慣れている人と慣れていない人の決定的な違いは、スピードにあります。
慣れている人は立ち上がりが一瞬です。

これから書くテーマを決め、構成を考え、どう書きだすかまで考えてしまうことができます。
文章の中心になる決めのフレーズまでも考えて、「あとは書き出すだけ」というところまで準備万端整えることができます。
そこまで、頭の中で完了することができるのが、書くことに慣れている人が持つ技術です。
いざ、書きはじめたら、早い早い。
文章はもう、頭の中に完成していますから、出てくる文章をどんどん原稿用紙に書き写していく。あるいはパソコンに打ち込んでいくだけです。

そんなことを可能にするのは、これまで書いてきた文章量です。

こう書き出したら、次の展開はこうなる。
構成は、こう展開すればわかりやすい。
このへんで、文章全体の肝になるフレーズを入れてみる。

書くことで積み上げてきた実戦経験、場数の多さがしっかり身に付いています。
実際にこれまで書きあげた手持ちの文章が多いと、スピーディーに文章を書くことができるのです。

量を書くことに慣れていない人が、同じ手法で書けるかというと、なかなかそういうわけにはいきません。

頭の中で、ああでもない、こうでもないと、どれだけ考えても、文章をまとめることができません。
実際に書きあげた実戦経験が圧倒的に不足しているからです。

文章を書くには、書くことを考える「頭」と、書くことを定着させる「手」を連動させる他ありません。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/340-ced8c868

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。