スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちよく書けるテーマは? 

「1日10分のライティング」を習慣化することを考えたとき、それを本当に毎日続けられるのかどうかが問題になります。

たくさん書けば、ライティング回路が繋がる。
ライティング回路が繋がれば、どんどん量が書けるようになる。
量が書けるようになれば、上手に書けるようになる。

この展開には異論ありませんよね。
「だから、続けてください」と、お願いしても、本当に続けられるかどうかは、その人の気持ち次第です。
私も、これまで何回も三日坊主の日記を書いてきました。
思いきって購入した十年日記のページを最初の半年分くらいしか埋められなかった苦い思い出もあります。

書きたいのに、続けられないのは、なぜなのでしょう。
楽しいから書くのではなく、義務的に書く気持ちになっているのでしょうか。
もしかすると、「書くテーマ」が見つからないからではないでしょうか。

「書くテーマ」が、本当に書きたいことであれば、1日10分のライティングは、待ち遠しく楽しい時間になるのではないでしょうか。

たとえば、子どもの成長記録を絵本のように書いてみる。
たとえば、毎週見ている韓国ドラマのあらすじと感想を書いてみる。
たとえば、好きなタレントの素敵なところをラブレターのように書いてみる。
たとえば、今日作った料理のレシピをエッセイのように書いてみる。
たとえば、ペットのかわいい写真に添えて、ストーリーを書いてみる。

自分が好きなこと、忘れないように覚えておきたいこと、大切にしたいこと。
記録として残しておきたいこと。書くこと自体が楽しいこと。

そんなふうに考えてみると、「1日10分のライティング」も、義務的からではなく、楽しんで書けるテーマがきっとあるはずです。
気持ちよく書けるテーマを見つけてくださいね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/346-9593bde9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。