スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人じゃないと伝えたい。『あなたが死んだら私は悲しい』碓井雅史<自伝・自分史・その周辺89> 

「心理学者からのいのちのメッセージ」と副題がついています。
「こころの散歩道」というホームページで、自殺や犯罪者の心理について発言している碓井雅史さんが書かれた本です。

うつ病など、心因性の理由で自殺を考えてしまう人たちが、なぜそういう考えに捕われてしまうのかを、心理学者の視点で解明してくれています。

 自殺を考えてしまうのも、うつの症状の一つです。ある人は、うつ状態のときにメモをとろうとしたのにペンがありませんでした。「ああ、ペンが見つからない、死んでしまおう」と思ったそうです。
 ある母親は、こんなだめな母親は死んでしまった方が子どもの幸せだと感じていたと話してくれました。どちらの人も、元気になれば、あのときは何と愚かで恐ろしいことを考えていたのだろうと思ったと言います。


死を思い詰めている人は、平常時の判断力を失っています。
「死」以外の方法を考慮することができない視野狭窄に陥っています。
「死にたい」と思っている人に言葉をかけることは、サポートする側にとっても、とても骨の折れることです。
自分にとっても、まわりにいる人々にとっても、自分が死ぬことが最善の選択だと信じ込んでいる人もいます。
正論は通用しません。
そんな人たちをサポートするために、碓井さんはこんな言葉をかけるそうです。

 私は、こんなことを言うことがあります。「死にたいと思うほどのあなたの苦しみ、辛さ、悲しみ、悔しさ、恨み、怒り。話さないままで死んじゃうなんて、そんなことしないで、どうか話してください」
 今日はもう時間がないとしたら、「また会いましょう、また話を聞かせてください」と伝えてから、別れましょう。


この本を読んでいると、碓井さんは心理学者というよりも、宗教家のように思えてきます。
死のうとする人を視線が慈悲の心に溢れているように思えるのです。

自殺に傾いた頑なな心を開くために、碓井さんが必ずいう言葉、

「あなたが死んだら私は悲しい」

もし、身近に、死を思う人がいたら、あなたも、このメッセージを伝えてください。



自分史の本棚
http://booklog.jp/users/jibunworks

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/348-52e48721

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。