スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブッダが残してくれたもの。『超訳 ブッダの言葉』小池龍之介 <自伝・自分史・その周辺93> 

かねがね、「仏教」は宗教ではないと思っていました。
ブッダが弟子たちに残した言葉の数々は、必ず守らなければならない開祖の教えというより、個人の自己鍛練のために、先生が残してくれた指導要項のようなものだと思っていました。

しかも、その言葉は、先生自身が自分の成長を目的として、実践の中から紡ぎだしたものです。
弟子に向けて伝えるときも、その言葉を選び取るかどうかは弟子に委ねるという、なんともゆるーい先生なのです。

超訳『ブッダの言葉』を編んだ仏教僧の小池龍之介師も、同じように考えているようで、こんなエピソードを伝えています。
ブッダを慕い、多くの弟子が集まってきたとき、一人のバラモン司祭が、バラモン教をやめるので、弟子にしてほしいと言ってきました。
彼に対して、ブッダは答えました。

「君はバラモン司祭として信者の人々に儀式をしてあげる宗教の仕事をしている。仕事を投げだして私のところに来たら無責任だろう。君は今のまま仕事を続けて、休みのときは、私に瞑想を習いに来ればいい」

ここからは、ブッダに教わるために、他の宗教を否定する必要はないのだということが読み取れることでしょう。

宗教ではなく、私たちがよりよい生をいきるための実践の言葉だと位置づければ、『ブッダの言葉』は、本当にたくさんのことを教えてくれます。
小池師の超訳が、私たちの傍らにつねに存在すべき言葉として、教典を生まれ変わらせてくれました。

「自分に与えられているものに幸せを見る」

 君の手に与えられたものがたとえどんなにわずかでも、君がそこに幸せを見つけるなら、「足るを知る」充足感で心はきれいに澄んでいく。
 そのきれいな心の波は、目に見えない高次の生きものたちを喜ばせて惹きつけるだろう。


「君は、これまで君の心が思ったことの集合体」

 君という存在は、過去に「何を考えたか」によって、その考えたり感じたりした内容が、ひとつひとつ心に蓄積されミックスされた結果のつぎはぎとして、今、ここに立っている。
 すなわち君とは、これまで君の心が思ったことの集合体。


あなたの心に、染み入る言葉がきっと見つかるでしょう。



自分史の本棚
http://booklog.jp/users/jibunworks

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/361-4b1028ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。