スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日5行。簡単だけど、効果的。 

1日10分。原稿用紙1枚分、400字前後の文章をひたすら書く。

それが習慣化できない人のために、もう少しハードルを下げてみましょう。
これなら、きっとできる、「5行日記」の提案です。

むずかしいルールはありません。
今日一日を振り返り、あった出来事を5つ思い出して、1行の文を作る。それだけです。
凝った表現をしようとか、むずかしい言い回しを考えようとか、感動する内容を記録しようとか、とくに考える必要はありません。

 □昼に食べたチーズハンバーグがおいしかった。
 □企画書のできを部長にほめられた。
 □帰りの電車で足をハイヒールで踏まれた。
 □少年ジャンプを買いわすれた。
 □携帯電話を止められた。

思いつくこと5個、なんでもかまいません。
今日一日、順を追って思いだしていけば、なにか書き残しておこうと思うことが出てくるでしょう。
この5個の文で、あなたの一日がわかる日記にしようというのが、アクティブ自分史の提案です。
こんな簡単なことなら、寝る前の2,3分でできるはず。絶対挫折しません。

もし、それでも面倒だと思うなら、あらかじめ、書く項目5つを決めておいてもいいでしょう。

 ● 今日会った人
 ● 今日食べたもの
 ● 今日の仕事
 ● 今日の読書
 ● 今日の会話

そんな5項目を決めておけば、書くことに迷うこともありません。

思いっきり低いハードルです。
これを毎日続けるうちに、ちょっとずつ飽き足りなくなるはずです。
もっと書けるし、もっと書きたいと思えるようになったら、しめたものです。
毎日書き続ける習慣が身に付いてきた証拠です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/363-2c3b401f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。