スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日5行で、マインドチェンジ。 

さて、この5行日記をただ書きっ放しにするのではなく、日常生活をよりよく生きて行くために活用する。
つまり、マインドチェンジのツールにする方法を考えてみました。

毎日の5行を、「書く習慣をつける」目的のみに留めず、「課題」を設定して書いてみる。
書き続けているうちに、人生における課題が、自然に達成できてしまう。
遠くにあると思った夢が、いつの間にか実現している。
そんな虫の良過ぎる方法です。

やることはとても簡単です。
日記に書く5項目の、すべての文の文末を、「~感謝します。」で終わらせるというものです。
そんな難しいことではありません。
たとえば、

 昼食に食べたパスタが美味しかった。

と書くところを、

 昼食に、とても美味しいパスタが食べられたことに感謝します。

と書き直してみる。

 企画書の書き方のポイントを、先輩が教えてくれた。

と書くところを、

 先輩が企画書の書き方を教えてくれたことに感謝します。

と書き直してみる。

たったそれだけのことで、いいのです。

「感謝することなんかなにもない。会社も仕事もイヤなことばかりだ」

そう思う人は、見方を変えてみることもできます。

 企画書の書き方が下手だと、部長に嫌みを言われた。

と書くところを、見方を変えると、

 部長の指摘をいただき、企画書がレベルアップできたことに感謝します。

と書き直してみる。

「~感謝します。」で文末を締めなければならないと決めてみると、なんとか日常のネガティブな出来事をポジティブに解釈しようと努力するようになります。

その努力を続けていると、最初は無理やりこじつけで探していたのに、しばらくすると感謝できることがどんどん出てくるようになります。

そうすると、いつの間にか、思考のあり方そのものがポジティブに変わっていきます。
この効果は絶大です。
「ちょっと自分、ネガティブ思考かな」と思っていらっしゃる方、ぜひ、やってみてください。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/365-1618f1a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。