スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「十年後の自分」に、相談する。 

十年後の自分を読者にすることは、親身になってあなたの文章を読んでくれる信頼できるアドバイザーを得ることです。

「自分が書いた文章を主観的に読み返すのではなく、客観的に第三者の目で読み、推敲する。
自分ではない読者が必要なことは、わかった。
でも、それがなぜ、『十年後の自分』でなければならないのか?」

そういう疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんね。

「十年後の自分」ではなく、「いまの自分」が、あなたの文章の読者だった場合を考えてみましょう。
知らず知らずのうちに、文章を崩してしまうのではないでしょうか。
会社での人間関係を端折ってしまう。
日常的な習慣など、あなたにはわかりきった事柄を書かずにすませる。
丁寧に書き込まないと伝わらない部分を省略してしまう。

「自分が書く文章は、自分にわかればいい」

そういうスタンスで書いた文章からは、残念ながら、文章の「格」や「質」が損なわれてしまうでしょう。
「いまの自分」が読者では、書いているあなたと「なあなあ」の関係になって、文章の精度を上げられない、ということになるかもしれません。

「十年後の自分」を読者にすることには、もう一つメリットがあります。
「十年後の自分」は、「いまの自分」より、文章に関する経験も積んでいるでしょう。
いまから、十年後、あなたの文章力がアップするのと歩みを揃えて、読者としての「十年後の自分」の読解力、批評力、あるいはコメント力も同時に上達しているはずです。

つまり、いまのあなたが書いた文章を、的確に読解し、ちょっと大人なアドバイスをしてくれる。
それが、「十年後の自分」です。

「どうですか、十年後の私。文章の構成は、これでいいのかな?」
「どうですか、十年後の私。この表現は、ちょっと幼稚っぽいかな?」
「どうですか、十年後の私。もっと名文を書くには、なにが足りないのかな?」

十年後の自分を読者にすることで、あなたは、あなたの文章力を客観的に確認しながら、上達していくことができます。
ぜひ、十年後の自分に相談しながら、文章を書いてみてください。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/375-817a64cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。