スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書く技術はシュミレーションで伸ばす。 

現代の商談のきっかけは、ビジネスメールからはじまることが多いでしょう。
最初に送ったメールが、あなたの第一印象になってしまう可能性もあります、
実際に商談相手にはじめて会ったとき、すでに、あなたに対して心を開いてくれていたら、問題はないでしょう。
でも、もしかして、話す必要もない相手と思われてしまっていたとしたら、その悪印象から信頼関係まで至る道筋を付けるのに難航するかもしれません。

話すコミュニケーションに熟達するために、経験が必要です。
相手がいることですから、商談であれ、恋愛であれ、その他の人間関係の形成であれ、場数を踏まない限り、上手くなりません。
あなたの発言に対する反応を注意深く見ながら、相手の真意を探る観察力も必要です。
突然恋愛の相手から、思っても見なかった切り返しがあるかもしれません。
あるいは、商談相手から、事前に予想していなかった質問にたじろぐこともあるかもしれません。
そういうやりとりは、日頃意識して、コミュニケーションの現場でスキルアップしていく以外ありません。

書くことの最大の強みは、とことん一人でシュミレーションできるところです。
目の前に相手がいなくても、メールや手紙を読んだ相手がどんな反応をするのか、じっくり考えながら書けばいいのです。
話すコミュニケーションでは、一度の失言が取り返しのつかない失態に繋がることもありますが、書くコミュニケーションならいくらでもやり直しが利きます。

納得いくまで時間をかけて、相手の反応を想像しながらシュミレーションすればよいのです。
文章をブラッシュアップすることで、コミュニケーションのクオリティを上げることができます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/386-875d58db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。