スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界は素敵だと思ってほしい。『子どもが育つ魔法の言葉』ドロシー・ロー・ノルト<自伝・自分史・その周辺101> 

「世界中の親が共感した子育ての知恵100」の副題がついています。
10年ほど前に、皇太子殿下が感銘を受けたとして、ドロシー博士の詩「子は親の鏡」をご紹介されたことで、たいへん有名になりました。

ドロシー博士は、長年家族療法や家庭教育を教えてきました。
彼女が語り続けることは、とても明確です。
子は親の鏡だから、子どもの一生が、親からの伝える言葉で決まってしまう。

そのために、親はどのように、子どもに言葉をかければいいのかを、100の知恵で伝えてくれます。

たとえば、「叱られると子どもはがっくりしてしまう」で語られるのは、

 親が子どもを叱るのは、たいてい、子どものことを思ってのことですが、それが子どもにはわかりません。
 子どもは、叱られると、頑張ろうと思うよりも、がっくりしてしまいます。
 とくに、幼い子どもは、叱られると、自分が嫌われているのだと思ってしまいます。


たしかにそうです。
親は行動について叱っているのですが、子どもは自分が拒絶されたのだと思い、心にキズを作ってしまいます。
叱るときこそ、親は子どもを心の底から愛していることを伝えながら、しかし、「行動については叱る」という姿勢を貫かなければなりません。

「なぜ、文句ばかり言いたくなるのか」では、文句を言いたいとき、親はどう対処すればいいかを教えてくれます。

 子どものやったことに、いちいち文句が言いたくなる。なぜでしょうか。
 それは、その子がどれだけできたかをではなく、どれだけできなかったかを見てしまうからです。
 こんな否定的なものの見方は、大人だっていやだと思います。
 その子がどれだけできなかったかをではなく、どれだけできたかを見てあげてください。
 そして、どうすればその子の行動がもっとよくなるか、具体的にアドバイスしてください。
 子どもを否定するのではなく、肯定しながら、導いてあげるのです。


親の対応の仕方しだいで、子どもは生きることに肯定的になります。
でも、その対応の仕方しだいで、「生きることは辛いだけ」と思い込んでしまうこともあるかもしれません。

「世界は素敵だ」と子どもに思ってもらいたい。

子どもは親の鏡ですから、親もまた、子どもの鏡です。
親がまっすぐ生きている姿勢を見せていれば、子どもに、歓びに満ちた人生が映し出されるのだと思いました。



自分史の本棚
http://booklog.jp/users/jibunworks

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/387-d730be31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。