スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールが、あなたの代理人。 

ビジネスを電話でのやりとりで進めていくのが主流だった時代は、「言った」「言わない」のトラブルはグッと少なくなりました。
捨ててしまわない限り、きちんと交わされた意見が残っていくメールは、ビジネスのルールを変えました。

そういう時代に、「メールは用件のみ箇条書き」って、おもしろくないと思いませんか?

メールが素敵だと、きっとあなたも素敵な人だと思われます。

でも、残念ながら、「こんなメールは、イヤだ!」というものも、毎日メールボックスには投げ込まれます。

・何通か続けてやりとりをしていると、返信返信で、相手がなにについて書いているのかわからなくなるメール。

・あるいは、また、実際に会って話をした内容について書かれたメールでは、いつの時点のどのやりとりについてのコメントなのかわからなくなっているメール。

・また、やたら長いメールなんだけど、長さに埋もれて、なにが言いたいのかわからなくなっているメール。

・ メールなのに、「この人、なにか怒っているのかした」と思わせるメール。

・ 誰かに送ったメールの使い回しのようで、なんとなく文章のトーンが自分にしっくりこないメール。

実際に、こんなメールを受けとって、イヤな気分になったこと、ありませんか?
もし、あるなら、あなたは絶対、こんなメールを人に送らないようにしましょう。

メールはあなたの代理人です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/389-b0947402

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。