スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも、死なない。『困ってるひと』大野更紗 <自伝・自分史・その周辺105> 

何人もの医者が匙を投げた難病に襲われた大野更紗さんが、その病名を確定するために受けた数々の検査の凄まじさは、途中で本を閉じたくなるほどでした。

身体の二ケ所に、麻酔なしで針を刺し、そこに電流を流し、筋肉中の神経伝達速度を測る。
やはり、麻酔を使わず、身体の数ケ所から、生きた筋肉を切り取る。

大学院でビルマの研究をしていた更紗さんは、「こういう拷問に耐えているのだろうな」と、ビルマの政治犯に思いを馳せます。

やっとのことで付いた病名は、「皮膚筋炎」と「筋膜炎脂肪織炎症候群」。
治療法の確立されていない難病中の難病です。

病名は付いたものの、そこからさらに、果てしない闘病がはじまります。
快復の見通しも見えぬままの更紗さんの前に、あるとき主治医のクマ先生(更紗さんがつけたあだ名)が現れて、言いました。

 「この619号室のシャワー室に鍵かけて、シャワー流しっ放しにして、カミソリで手首でも切ろうと思ってるんでしょ。
 だいたい、考えていることは、わかりますよ」

 当時のわたしは、食べたい、寝たい、そういう日常的な「欲求」と同じレベルで、「死にたい」と感じた。
 朝・昼・晩と毎日わたしの様子を気にかけ、ほぼ休みなし、全力投球で治療に励んでくれている主治医に、「死にたい」とは言いにくい。かなり申し訳ない。
 だが、思いきって正直な気持ちをそのままクマ先生に伝えてみた。


 「はい」と、先生は嫌な顔ひとつせず、微動だにしなかった。
 「それは、苦痛から逃れたいという、ごく当たり前の人間の反応、ですよ」
 クマ先生は、難病ビギナーの「死にたい」妄想など、最初からお見通しである。
 

クマ先生他の先生やスタッフも、更紗さんのすべてを受けとめようとしてくれました。
しかし、患者本人ではない。その病気の責任者は自分自身であることを更紗さんは自覚しています。

 薬を呑み込み、症状に耐えるのは、わたし自身だ。先生はわたしの命綱であり、伴走者だが、肝心のわたしが歩かなくてはどうしようもできない。
 医療が、主治医が、人間の生きる動機そのものを与えてくれるわけではないのだ。

更紗さんは、全快したわけではありません。
9ヶ月の入院治療を終え、難病を抱えたまま、通院しながら自立する道を選びました。
そんな彼女が、いまなお、医療問題、社会制度で、どのくらい困っているのか。
それを伝えるために、『困ってるひと』を書きました。

検査や治療過程での苦しさは、患者にとっては、思い出すことさえ大きな苦痛となるトラウマとなることでしょう。
この本を読んだ人は、だれもが、「自分じゃなくてよかった」と、胸を撫で下ろすことでしょう。
正直私もそうでした。
「死んでしまう方が、よほどラク」
そう思うような病いです。

この難病に罹ったのは、25歳の若い女性。
彼女の「生きる動機」が、この本になり、難病への想像力など皆無の私たちに、難病の現実に向き合わせてくれました。




自分史の本棚
http://booklog.jp/users/jibunworks

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/411-cdc1c111

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。