スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなニュースレターをお届けします。 

「1日10分 1年で創る自分史」をご覧いただいている皆さまに、お知らせしたい情報です。


毎週水曜日に、ご登録いただいた方のメールに、心と身体の健康に関する情報や、心理学や脳科学の知識と、竹内好美カウンセリング事務所からのお知らせをお届けしています。

役に立つニュースレターです。

ご登録は、こちらからどうぞ。

【「こころとコトバ」ニュース】登録フォーム


お送りするニュースレターの内容は、こんな感じです。


【「こころとコトバ」ニュース】O脚が、教えてくれたこと。
(12/04/18発行)

東京では、桜はすっかり散ってしまいました。
ときに汗ばむ陽気の日もあって、
季節の変化を感じます。



先日、母と一緒に、奈良のお寺を巡るバスツアーに行ってきました。

ご縁のある真言宗のお寺の若いお坊さんが企画し、普段からお寺に通っている人を集めたツアーでした。
真言宗十八本山のうち、今回は、西大寺と長谷寺を訪れるという企画です。

その参加者四十数名の内訳がとてもユニーク。

若いお坊さんが三人。
そして、残り95パーセントは女性。
そのうちの90パーセント(竹内予想)が、七、八十代の未亡人。

私の長い人生の中でも、こんなにたくさんの未亡人を一度に見たのははじめての経験でした。

落語の世界では「女やもめ(未亡人)に花が咲く」とも申しますから、
町内の艶っぽい未亡人に憧れる熊さん八っさんが、
「ああ、うちのカカアも、早くやもめにしてみたい」
なんてセリフを吐いたりします。

私がご一緒させていただいた未亡人たちは、一度咲いた花もすっかり終わって、
立ち枯れの時期なのでしょうが、皆さん、意気軒昂。
バスの中はもちろん、お寺を歩きながらも、かまびすしいこと、驚くばかりです。

その賑やかなツアーに混じって、長谷寺の屋根のある階段を一段ずつ昇りながら、ふと気づいたこと。

前を行く多くの七、八十代の女性たちの歩み方に特徴がありました。

足を踏み出して前に進むよりも、小さな歩幅で足が横に出てします。
よちよちと歩く速度は遅く、急な階段を昇るのがとても辛そう。
膝や腰をかばうように、姿勢がくずれた歩き方の人もいます。

彼女たちは、O脚なのです。

最初は、骨粗鬆症のせいで、O脚なのかと思いました。

でも、きっとそれだけではない。
七、八十代の女性特有の、O脚の理由があるに違いない。

帰宅して、

「おばあさん」 「O脚」 「原因」

で、ネット検索しました。

そして、わかったこと。


年を取り閉経すると骨盤が下がる。
   ↓
それまで、骨盤を支えていた筋力が弱くなり、骨盤が下がる。
   ↓
股関節が広がり、ますます骨盤が下がる。


わあぁぁぁ!
背筋が寒くなりました。

これって、女性の宿命じゃないですか。

骨盤って、身体の中でももっとも重い骨です。
妊娠中は、お腹の赤ちゃんをしっかり守るための容器の役目を果たしてきたのが骨盤ですから、
頑丈で、大きくなければならない。

でも、生殖期を過ぎてしまえば、そんなに頑丈な作りでなくても問題ないのに。
むしろ、長寿社会では、生殖期をとうに過ぎた女性たちが、骨盤の重さによって苦しんでいるのですね。

この眼で、O脚の悲劇を見て、私は絶対にそうなるまいと決心しました。

その日から、エスカレーター、エレベーターを使わないことにしました。
階段がない場所では、例外として乗りますが、それ以外のところでは、階段を使う。

下半身の筋力を落とさない。
骨粗鬆症にならない。

よしっ!
がんばるぞー!


こんな内容のニュースレターです。
ご興味ありましたら、ぜひご登録ください。
【「こころとコトバ」ニュース】登録フォーム

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/419-0d11a936

まとめtyaiました【こんなニュースレターをお届けします。】

「1日10分 1年で創る自分史」をご覧いただいている皆さまに、お知らせしたい情報です。毎週水曜日に、ご登録いただいた方のメールに、心と身体の健康に関する情報や、心理学や脳科学の知識と、竹内好美カウンセリング事務所からのお知らせをお届けしています。役に立つニ...
  • [2012/05/02 01:21]
  • URL |
  • まとめwoネタ速suru |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。