スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書感想文の無理難題。 

文章を書く力を身につけるために、おすすめしたいトレーニング法は、「レビューを書くこと」です。

もっとも一般的なのは、ブックレビュー、つまり読書感想文です。
小学生のとき、やりましたよね。
夏休みの悩みの種だったとおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。
実は、私も苦手でした。

いまでこそ、「自伝・自分史・その周辺」で、楽しくブックレビューを書かせていただいています。
しかし、夏休みの宿題の読書感想文は、苦痛以外の何者でもありませんでした。
なにをどう書けば、「感想」になるのか、全然わからなかったのです。

私が教わった小学校の先生は、みんな例外なく、
「読書感想文は、『感想』を書くものであって、引用を書くものではないのだよ」
そうおっしゃっていました。

引用文ではなくて、感想文。

それをどうやって書けばいいのか、まったくわかりません。
だって、私が読んだ本を、先生が読んでいるかどうかわかりませんし、
読んでいたとしても、むかしのことならもう内容は忘れているでしょう。

「主人公の言葉に感動した」
と書きたくても、それがどういう言葉だったのか、引用しなければ、先生だってわかりません。

でも、「引用はダメ」と言われたわけです。
なんとか、あらすじを書いて、どういう本だったのか、先生にわかってもらおうと考えました。

すると、またまた言われました。
「読書感想文は、『感想』を書くものであって、あらすじを書くものではないのだよ」

えーっ、引用をせずに、あらすじを書かずに、読書感想文を書くことが可能なのでしょうか?
先生たち、いったい私になにを書かせたかったのでしょう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/433-d09a4a07

まとめtyaiました【読書感想文の無理難題。】

文章を書く力を身につけるために、おすすめしたいトレーニング法は、「レビューを書くこと」です。もっとも一般的なのは、ブックレビュー、つまり読書感想文です。小学生のとき、やりましたよね。夏休みの悩みの種だったとおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。実は、私も...
  • [2012/06/26 17:10]
  • URL |
  • まとめwoネタ速neo |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。