スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エピソード探しにもポストイット。 

エピソード探しにも、ポストイットを使います。
この「1日10分 1年で創る自分史」では、ポストイットが大活躍します。

ポストイットなくして自分史は創れない。

というくらい、あれこれお世話になります。
まえにも書きましたが、付箋タイプの小さいサイズのものではなくて、ちょっと大きめのメモ用のポストイットですよ。
まだ、用意していない方は、早く買っておいてくださいね。
100円ショップで売っているヤツで十分ですから、なんとも経済的でしょ。

このポストイットに思いだしたエピソードをできるたけたくさん書いてみましょう。
大きいサイズと言っても、所詮ポストイットですから、そんなにたくさんの内容は書き切れません。

5W1Hで、コンパクトにわかりやすくまとめましょう。
5W1Hとは、
「いつ(When)」、「どこで(Where)」、「だれが(Who)」、「なにを(What)」、「なぜ(Why)」、「どのように(How)」、ですね。
もし、それ以上の情報が入れられるなら、そのとき、あなたが「思ったこと」まで書いておけたら、完璧です。

あなたが洗い出したエピソードが、そのテーマを書くときにネタになります。
エピソードは多ければ多いほど結構です。文章にするときは、そのすべてを使うわけではなく、取捨選択をしますが、たくさんのエピソードを思いだすことで、記憶がぐっと鮮明になるはずです。
遠い過去の記憶だったことが、昨日の出来事のように甦らせることができたら、文章を書く作業がとてもラクになります。

エピソードを書いたポストイットを、ノートにペタペタと貼っていってください。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/59-d34ff595

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。