スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の師匠から文体を盗む。 

心の師匠を持つことよって、あなたは、その師匠が数十年かかって創り上げてきた文体やレトリックをそのまま拝借してしまうことができます。
心の師匠が書いた文章を拠り所とすれば、あなた自身がゼロから文体を創り上げる時間、数十年間を節約できるわけですね。これは、非常にありがたいことです。文体を考える時間を、内容を考える時間に充てることができるわけですから。

「えっ?それって、文体を盗むってこと?いやいや、それはだめでしょ」
まだ抵抗感をお持ちの方、いらっしゃいますよね。
たしかに、完璧に師匠のコピーをしたら、「盗作」と言われるものになってしまうかもしれません。
一言一句、そのまま書いてしまっては、どうやってもオリジナリティは出ませんね。
でも、相当の文章力、プロとしても書けるスキルがなければ、完璧なコピーなどできるわけがありません。

将来、プロの物書きになろうと思っている人でも、いまはまだ、習作時代ですよね。
だったら、大いに心の師匠から盗みましょう。
師匠の文章の真似が上手にできるようになれば、それを文章の基礎として、その上に自分のオリジナリティを築き上げていくことができるようになります。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/80-5afbcba9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。