スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式」という映画を観ました。 

フランク・オズ監督の、ロンドンを舞台にした映画です。
父親が亡くなって、家族、親戚、知人が集まった自宅でのお葬式。
次々起こる事件に、振り回される人たちを、気の弱い長男中心に描いたコメディです。
とんでもないドタバタで、ネタはかなりブラックで、下ネタも満載なのですが、なぜか、見終わった後がとてもさわやか。
やっぱり、「家族っていいね」と思う、ほんわかした気持ちが残ります。

監督のフランク・オズは、セサミストリートで人形を遣っていたり、スターウォーズでヨーダを遣いながら声優もやっているという、いわゆる鬼才ですね。
すごくいい映画なのですが、残念なことに、シネマート六本木で、本日11日までの上映なので、もう無理ですね。
DVDが出たら、ぜひ、レンタルでご覧ください。

あ、それと、メルマガ「1日10分1年で創る自分史」21号
本日、発行します。

まだ、ご登録お済みでない方は、ぜひ、
↓こちらからご登録ください。
http://archive.mag2.com/0000289134/index.html

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunworks.blog16.fc2.com/tb.php/90-54b6960c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。